1. TOP
  2. トランプが敗戦すると戦争と中共の侵略は避けられないで



トランプが敗戦すると戦争と中共の侵略は避けられないで

桑野一哉
この記事は約 3 分で読めます。 41 Views

トランプが選挙で負けると起こること

バイデンの不正がまかり通った場合、まず戦争は可能性が最も高いイベントですね。
我々もすっかり忘れていますが、トランプ大統領になってから1度も戦争をやっていないんですね。
あの平和主義者のようなイメージのオバマ大統領ですら、6回もの軍事的な戦争を行っています。共和党だから戦争をしないわけでなく、明確にトランプは戦争をしなかった。この事実はとても大きいことでしょう。
もう一度、これを見て!
戦争をしていない大統領はトランプだけ!
偉大な大統領。偉大なアメリカを再び。

 

そして侵略の本格化

バイデンは中共にアメリカを売っているので、当然アメリカは衰退。
今回の不正選挙では、不正な投票用紙が中国産であることも確認されています。

しっかりとバイデンにNO!をつきつけないと、台湾だけでなく日本も確実に侵略が進むことになりますね。

 

アメリカ大統領選、なんじゃアレ?おかしな投票結果。
投票率が100%超えてるとか、売電が13万票とる間、トランプはゼロ票とか?そんなのある?
それが本当なのか、フェイクなのかもわからない。
・・・
このままいけば、売電が大統領になるのだろう。
悪夢の民主党の再来だね。
中国寄りのオバマが在籍中、中国は版図を大幅に拡大した。
南沙諸島を埋め立て、他国の港を、一帯一路の名の下に手に入れた。これは厳然たる事実。
それが復活する。
・・・
アメリカはもう、中国に勝てない。ここで叩かないと、もう勝てる要素はなくなる。
13億人という人口と、強制力。優秀な人材は履いて捨てるほど集まり、国の方向性は鶴の一声で全て決まる。
勝てるわけがない。
売電が勝った、ということは、中国が世界制覇を完成させた、と言っても過言ではないのではないか。
・・・
私は、中国が世界制覇しても、仕方がないと思う。今も、アメリカの傀儡。それが中国に変わるだけ。
弱肉強食だからね。
・・・
でも、ひとつ忘れてはいけない。
アメリカから見る日本は、ただの子分。それ以上でもそれ以下でもない。
しかし、中国共産党から見たら、、、
ただの、「敵国」なんだ。
・・・
沖縄の人と話したことがある。琉球王国の再興を願う彼はこう話してた。
「今はアメリカの傘下。それが中国に変わるだけ。同じことだ」
・・・
彼は間違っている。
中国は、日本を大切にはしない。アメリカとは違う。
「敵」だからね。
・・・
無理だろうけど、トランプさんの「売電の不正を暴く」訴訟がうまくいくように願いたい。
そして日本政府。この後、売電はゆっくりとだけど、トランプ路線を変更し、中国と直接のリレーションをとるだろう。
厳しくなる。どうか、政治家さんたち、頑張って欲しい。

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナ覚醒ガイド

  • リンウッド弁護士

    リンウッド弁護士・正義の剣をもつと言われるトランプ三銃士の1人

  • トランプ大統領、バイデンへの政権移行手続きの開始の意味

  • 不正選挙を隠蔽するSNSへ司法のメス!

関連記事

  • ハゲ対策

    上司に「ハゲーーー!」と言われたらとるべき3つの行動

  • 社会的ファシリテーション

    社会的ファシリテーション

  • NO IMAGE

    お客様は神様です!

  • NO IMAGE

    Uber Eats ( ウーバーイーツ )配達パートナー

  • マスクを義務化で争うアメリカ大統領選

  • アメリカ大統領選挙の不正をチェックできるよ!