本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

コロナワクチンで副反応99%「評価不能」を改善へ

健康

コロナワクチンで副反応99%「評価不能」を改善へ

詳細を明かさないことで、虚偽の効果と安全性を主張してきたコロナワクチン。
被害報告の99%が「評価不能」の異常さに、やっとやっと追及へ。

もっとも成分を公開しないこと、調査することも契約で禁止されている薬物。
この時点で体内に入れて良い物ではないってことは、子どもでもわかるでしょう。

 

しかし言葉巧みに言論統制や、マスコミやインフルエンサーを使った詐欺行為。
制限を課すことで追い込み、マスク警察など底辺の国民を利用した悪質さ。

もっとも接種率8割を超え、世界で唯一レプリコンワクチンの接種まで。
もうバラしたところで、賠償金も国民の税金からの支払いですからね。

 

 

 

 

99%「評価不能」

ワクチンと副反応の因果、99%「評価不能」 国が見直しも検討

ワクチンと副反応の因果、99%「評価不能」 国が見直しも検討(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
厚生労働省は、新型コロナウイルスワクチンを含むワクチンの副反応が疑われる症例とワクチンとの因果関係を評価・分類する基準について、専門家による調査研究班を立ち上げ、見直しを含めた検討を進めている。現

ワクチンの副反応と症例の調査手法や分類、表現ぶりなどとしているが、詳細は明かされていない。

評価・分類不能――の6段階に分けている。ワクチン接種後の死亡事例として報告された2195件(4月15日時点)のうち99・4%が「γ」で、別の評価基準に見直すよう求める声が上がっていた。

ヤフコメをAIまとめ


報告事例と評価不能
:

  • 副反応はすべて報告されるわけではなく、現場の医師が「報告が必要」と判断し、専門家が妥当性を検証したものが報告事例として上がってきます。
  • しかし、報告事例の9割が「評価不能」とされていることは、認める気がないか、数が多すぎて認められないか、制度の破綻がある可能性を示しているでしょう。
  • たとえば、心筋炎で亡くなった事例でも「評価不能」とされています。

ワクチン接種に対する不信感:

  • コロナワクチンに対する不信感は広がっています。一部の人々は、ワクチンが得体の知れない毒であると感じ、接種を避けています。
  • パンデミックの広がりは、ワクチン接種によって亡くなったり健康被害を受けた人々にとって苦しい結果をもたらしていると思われます。

因果関係の評価:

  • ワクチンの副反応については、因果関係を評価するための制度があります。
  • しかし、99.4%の死亡事例が「評価不能」であることは、基準の見直しや再調査が必要であることを示しています。

政府の姿勢とメディアの報道:

  • 政府はワクチンを推奨している一方で、接種率は低いままです。
  • メディアはワクチンに不都合な情報を隠しているように感じられ、国民のリテラシー向上と公衆衛生教育の必要性が浮き彫りになっています。

個人の経験:

  • ワクチン接種後に発症した症状や体験を共有している人々もいます。
  • 一部の人々は、ワクチンによる副反応を疑っており、その原因を探る必要があると考えています。

制度の見直しと責任:

  • 国民の命を考慮し、ワクチンの安全性と効果を再評価する必要があります。
  • 国民の健康と幸福のために、真摯な態度で問題を解決するべきです。

新型コロナウイルスワクチンは、当初から様々に問題があったにもかかわらず、国民に十分な情報が提供されずに推奨され、接種が行われてきた。ワクチン接種後に相次いだ副反応は深刻で、亡くなったり健康被害が残った人も数多くいる。

しかしながら、国はワクチンとの因果関係を認めようとはせず、不十分な調査と「評価不能」という暧昧な判定によって責任逃れを図っている。ワクチンの安全性に関する議論においては不都合な情報が隠蔽され、国民は誤った情報に基づいて意思決定を強いられた。

副反応被害者救済制度は機能しておらず、ワクチン被害者を置き去りにしている。ワクチン接種に関する公的な情報と政策は、国民の健康と安全を最優先するものではなくなり、製薬会社や政治的利益に配慮したものとなっている。

そのため、ワクチンの安全性と有効性、副反応被害の救済に関する徹底的な再検証と改善が求められる。