1. TOP
  2. ステマ(やらせ)
  3. 海外の新型コロナウイルスのクライシスアクター集



海外の新型コロナウイルスのクライシスアクター集

ステマ(やらせ)
この記事は約 2 分で読めます。 736 Views

SNSで暴露されるのですっかり見かけなくなった、クライシスアクター。
でも当初の新型コロナウイルスって、こんな風に突然たおれたり急死してた設定なんだよね。

いまだにコロナは危険なウイルスだ!
なんて言ってるのいたら、当初の設定どうした?と聞いてあげましょう。

 

Actors designed to install FEAR

https://rumble.com/vbmix1-actors-designed-to-install-fear.html

 

💢当初のコロナ騒動💢
コロナ騒ぎを起こした発端を思い出す。急に人が倒れ、死に至る演技。
しかしいまはどうだ。急に人は倒れないし、エクモで強引に死なせようとしている。

いつのまにかただの風邪になってるんですがw

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 医療崩壊寸前の肥料ひっ迫を一瞬で解決する方法w

  • コロナの根拠のない煽り報道を謝罪!ドイツ新聞社「Bild」

  • 医師会会長、CDCのワクチンに感染予防効果なし発表を知らず!

  • きゃりーぱみゅぱみゅ、コロナワクチン副反応もどうにか生還!

関連記事

  • なんと放送18回!フジテレビの架空世論調査のエグさ・・・

  • またデマ!医療崩壊、医療ひっ迫はフェイクだった!

  • コロナの感染者は必要に応じて増やすもの!

  • 近畿大学附属病院がコロナ患者でパニック!?

  • コロナ商法は過去にもあった!ワクチン販売のためのフェイクパンデミック

  • 妻の旦那に対するやらせ街頭インタビュー