1. TOP
  2. 桑野一哉
  3. 2017年の北京・遺伝子改変兵器を予告していた!



2017年の北京・遺伝子改変兵器を予告していた!

桑野一哉
この記事は約 2 分で読めます。 111 Views

遺伝子改変兵器を予告

人口削減計画として予定されていたと噂される、新型コロナウイルス騒動。
遺伝子組み換え兵器まですでに完成していたとは。
あとは体内に入れる理由さえできれば・・・

2017年、北京ゲノミクス研究所所長 王健「我々はウイルスを合成した。5~10年後には間違いなく、あらゆる生命を化学的に合成することができるだろう…トランスジェニック(遺伝子改変動物)、遺伝子編集から遺伝子合成に至るまで、急速で地球を揺るがす変化だ…」悪魔の所業

 

そんなものができたなら、試してみたくなるのは人間の本能かもしれませんね・・・

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ハンマーで女性を殴打の犯人を逮捕!

  • マスクはダメ!究極の飛沫対策は息をしないこと!

  • 宇都宮線でのホストによる高校生への暴行事件も見て見ぬフリ

  • 岸田首相・グレートリセット言っちゃってるしw

関連記事

  • プリオン病・狂牛病は大丈夫か?コロナワクチン接種による神経障害

  • コロナ対策2021年も証明できず・2021年最終版

  • ドイツでコロナ重症患者の不正水増しが発覚!

  • 拘束飼育

  • イギリスでは子どもも茶番に気づいて反コロナデモ♪

  • 【迷惑メール】楽天カスタマーセンター