1. TOP
  2. パリで再びロックダウン!で都市から逃げ出す市民。



パリで再びロックダウン!で都市から逃げ出す市民。

 2020/11/02 健康
この記事は約 3 分で読めます。 16 Views
フランス

こんなコロナごときでロックダウンしていたら生活なりたたないわけですね。
半年前ならまだしも、逆効果のロックダウンにマスク着用などで、もう都市として生活できないということでしょう。

日本も人ごとではありません。
コロナフェイクで茹でガエル状態になっていないで、しっかりとフェイクに喝!を入れないと。

 

COVID-19による2回目の厳しいロックダウンを前にして #Paris 住民の避難で 高速道路は完全に停止しています。
いつまでもメディアの嘘と欺瞞をゆるしていると 日本でも同じことが起こるかもしれませんね😎
#人類救済 #子供たちをまもれ
「この映像は気違い沙汰です。封鎖が再び始まろうとしているので、人々はパリを去ります。
これは絶対的な狂気です。このたわごとが収まるまで、人々がどうやってしのぐのかわかりません。
私たちの生活とビジネスは完全に破壊されました👊

 

まぁあくまでロックダウンは政治的な手法であって、感染症対策ではない。
その裏事情を説明しろ!と言われても、政府は困るだろうね。

日本も東京都なんかは問い詰めればゲロするしかないけど、ビビって去勢されたザコばかりだし。

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

フランス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナ覚醒ガイド

  • リンウッド弁護士

    リンウッド弁護士・正義の剣をもつと言われるトランプ三銃士の1人

  • トランプ大統領、バイデンへの政権移行手続きの開始の意味

  • 不正選挙を隠蔽するSNSへ司法のメス!

関連記事

  • 自粛警察 精神状態

  • インド・バングラデシュ

    コロナに勝利しつつあるバングラデシュ

  • ベルギーで感染爆発!

  • イタリアのカップル、キスで罰金5万円!

  • コロナ設定ののほろ苦い思い出・武漢編

  • https://news.yahoo.co.jp/articles/31343b54d7c1fca82e5d498ada15cd0c8a03d6d5

    フェースシールド2日で断念「息苦しい」