1. TOP
  2. 健康
  3. パリで再びロックダウン!で都市から逃げ出す市民。



パリで再びロックダウン!で都市から逃げ出す市民。

 2020/11/02 健康
この記事は約 3 分で読めます。 96 Views
フランス

こんなコロナごときでロックダウンしていたら生活なりたたないわけですね。
半年前ならまだしも、逆効果のロックダウンにマスク着用などで、もう都市として生活できないということでしょう。

日本も人ごとではありません。
コロナフェイクで茹でガエル状態になっていないで、しっかりとフェイクに喝!を入れないと。

 

COVID-19による2回目の厳しいロックダウンを前にして #Paris 住民の避難で 高速道路は完全に停止しています。
いつまでもメディアの嘘と欺瞞をゆるしていると 日本でも同じことが起こるかもしれませんね😎
#人類救済 #子供たちをまもれ
「この映像は気違い沙汰です。封鎖が再び始まろうとしているので、人々はパリを去ります。
これは絶対的な狂気です。このたわごとが収まるまで、人々がどうやってしのぐのかわかりません。
私たちの生活とビジネスは完全に破壊されました👊

 

まぁあくまでロックダウンは政治的な手法であって、感染症対策ではない。
その裏事情を説明しろ!と言われても、政府は困るだろうね。

日本も東京都なんかは問い詰めればゲロするしかないけど、ビビって去勢されたザコばかりだし。

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

フランス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自爆?TVタックルのコロナワクチンデマ特集♪

  • フロリダ州知事直伝!最強のコロナ対策はテレビを見ないことwww

  • PCR検査のインチキ操作を厚労省が暴露!

  • コロナワクチン死者隠蔽の厚労省、しぶしぶ死者をやっつけ公開

関連記事

  • ロックダウン&マスク義務化も無意味・ビクトリア州の実例

  • コロナ対応の成功はスウェーデン。では世界最悪国は?

  • WHOが大失態!コロナのデータがインフルよりしょぼかった・・・

  • 南極でコロナの感染クラスター発生!

  • コロナ感染で訴訟!広島県三次市の悲劇

  • 壮絶!コロナ対応の大津赤十字病院の真実!