1. TOP
  2. どこにおんねん!再感染でロックダウンのイギリスのはずが・・・



どこにおんねん!再感染でロックダウンのイギリスのはずが・・・

ステマ(やらせ)
この記事は約 4 分で読めます。 22 Views
イギリス

イギリスのジョンソン首相は新型コロナウイルスの感染再拡大が止まらないため、ロンドンを含むイングランド地方で5日からおよそ一か月間、新たなロックダウン=都市封鎖に入るとのこと。

 

コロナ感染の再拡大で深刻なイギリスは再ロックダウンも決定!
でも現場を見に行ってみると・・・

誰もいねーじゃねーかwww
しっかし日本のニュースも適当なのが多いですね。

 

 

イギリス政府が言うには、新型コロナウイルスのPCR検査を実施

  • 1日30万件の検査
  • 1週間で200万件以上
  • トータルで2900万件

 

という大規模な目標値もあり感染者も急拡大している。
にもかかわらず、ほとんと人がいない・・・

というか経鼻の人は、ある意味クライシスアクター?

 

!!ク WATCH & SHARE!!

→ The Government states it’s processing:
– 340132 tests a day
– Over 2 million in 7 days
– Nearly 29 million overall

 

 

感染者や死亡者って、どこで作っている数字なんでしょうかね?

イギリスのクイジェリーでも同様。

しかもコメント欄には、「南アフリカも同じだよーん」とともに証拠動画が投稿。

 

 

つまりコロナ祭りが政治的なフェイクである、という決定的な証拠がまた増えましたね。

日本のニュースでは真実を教えてくれませんから、自ら勉強しない人はいまだにコロナは怖いウイルス感染症ってことで思考停止していることでしょう。

勉強、だいじだね!

そして、各国の賢者に勇者、一生感謝するよ!

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

イギリス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • その後のアメリカ大統領選挙の不正選挙疑惑

  • トランプ大統領「今までで最も重要なスピーチかもしれない」

  • CNNトランプ大統領を退陣させるフェイクニュースの内部告発!

  • スニーカーのナイキの人種差別問題が発覚!

関連記事

  • ニューヨークのクライシスアクターによるフェイクニュース

  • トランプ大統領の「負け犬」発言・FOXニュースもフェイクニュース

  • コロナ ニューヨークのシングルマザーの動画

  • ついにアメリカ大統領選挙の不正報道がスタート!

  • ひるおび 円グラフ

  • 東洋経済の「PCR抑制」のおもしろ記事