1. TOP
  2. コロナウイルスをナメてる愚かな連中

コロナウイルスをナメてる愚かな連中

健康
この記事は約 2 分で読めます。 26 Views

まだまだ世の中にはコロナウイルスをナメてる連中っていますよね。
どれだけ社会に迷惑をかけているのか、理解できてるのでしょうか?

コロナに限らずウイルス。
ロックダウンをやった国もやらなかった国も、ほぼ収束タイミングは同じ。

 

台湾と武漢で大型コンサートがもう行われていたりするんですよね。
そしてスウェーデンではそもそももうコロナ終わってるし。

じゃぁロックダウンて効果あったのかなかったのか?
明確なのはなかった。

 

でも、ロックダウンなんて考えてみたら効果ありそうですよね。
ところが効果はなかった。

完全に個室で2週間ほど誰とも接触しなければ意味があるのでしょうが、生活の最低限の接触でも感染は広がる。

 

つまりロックダウンなんて荒技を使えば感染を封じ込めるだろう。
そう人間は思ったけど、ウイルスにしてみればザル。

あっさり感染はいつも通りひろがっちゃうわけですね。

 

これならイケるだろう!とウイルスをナメているわけです。

 

同じくマスクを義務化してみたら死者が増えちゃったって例。
これもマスクはウイルスを防げるだろう。と人間は思った。

でもウイルスにしてみたたらザル。
おまいらマスクなんかで俺たちを防げると思ってんの?

ナメるなよ、って感じでしょうね。

 

結局は、ウイルスの拡散はしかたない。
そう割り切ったスウェーデンモデルが最強なのも頷けます。

中途半端な思いつきでどうにかなるものじゃない。
ウイルスをナメないほうがいいですね。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • スウェーデンを語れない感染症の専門家

  • 中高生の自殺が8月倍増

  • スウェーデン

    コロナに勝利したスウェーデン。さっさと元の生活へ戻れた知恵

  • ベルリンの噴水

    ベルリン、検査の拡充とクラスター追跡断念

関連記事

  • 自粛・ロックダウンの現状・2020年9月の結果

  • 妊婦すら・・・ビクトリア州はコロナで最悪の状態に

  • コロナ対策で最も大切な免疫力を守る方法だがガイドライン違反

  • ロックダウンに隠されたおそろしい政策

  • 日本は何を失敗?コロナ対策が似ているのに妊娠出産では明暗を分けた国

  • サイゼリアの賢い対応と世界のパンデミック政策への抗議