1. TOP
  2. 桑野一哉
  • バフェットを投資詐欺で騙せる人

    バフェットを投資詐欺で騙せる人ってまずいない。どんなにいい人だろうが、それは2つの信用の1つに過ぎないから。 信用は大切でも、信用しても上手くいかなかったり、騙されたりする人もいます。投資詐欺や結婚詐欺なんての […]

  • 店舗の売り上げが下がるのは○○がないから:革命のファンファーレ

    ファンがいるひといない人ページをめくるごとに感動する「革命のファンファーレ」。でもこれ2冊目のビジネス書だというのだから驚き。  この中に、「人気」と「認知」という話がでていて、文春砲でのベッキーさん […]

  • ○屋はアマゾンに潰された:革命のファンファーレ

    革命のファンファーレ最近おきにいりなのが西野亮廣(にしのあきひろ)さんの「革命のファンファーレ」。 一般的には「キンコン西野」の方が通りが良さそうです。名前を聞いたことがあるくらいだったのですが、この書籍の内容がびっくり […]

  • 詐欺が狙うのはこんな人!騙されやすい人の特徴

    ワイドスクランブルを見ていると、騙されやすい人の特徴をやってるんですね。シニアを対象としたポーラースターのサルベージとかいってたけど。この沈没船の引き上げさぎ?案件なんかだと、1人あたり数百万の被害額。沈没船を引き上げて […]

  • 平日の昼間からゲーセンにいる人って

    2017/12/13~2018/1/14まで、ゲームセンターで毎日ゲームしてました。そこで思ったのが、平日のゲームセンターで昼間からゲームしてる人ってなんなん???いや、お年寄りがカラオケボックスで遊んでるようなのとかは […]

  • 「革命のファンファーレ」&「座右の寓話」

    本の帯って、読んでると切れちゃうんだよね。 だからといって切れないように気にするのはストレスだし。そのためにカバーつけたら何の本か一目でわからないし。ということでいつもやっているのが、帯をカバーの下につけちゃう作戦。これ […]

  • 残念な人が存在する理由

    中野信子さんの著書で「サイコパス」が売れたり、最近だと「いじめ」がなくなりようがないという話がとてもおもしろい。突き詰めていくと、「サイコパス」や「いじめ」も必要だから残っていると言うことになるわけですね。つまり、なんら […]

  • 1万時間の法則

    1万時間の法則 クーリエを呼んでいるとおもしろい記事が。一流になるには1万時間が必要。1万時間はかかる。1万時間をかければ大丈夫。のようなニュアンスで使われる法則。有名になったきっかけと言われるのがこの本、「天才! 成功 […]

  • 議会に幼児はあり?なし?

    いや、本質的には幼児の出席はどうでもいい。 緒方夕佳の勝ち取り上げられた時点でで、緒方の勝ち!だよね。 熊本市義の緒方夕佳が、議会に乳児と一緒に参加したことがニュースに。 乳児だろうが、議員じゃないんだから本会 […]

  • アムウェイ 買取

    私がサラリーマンの頃に会社ではMLMの話が禁止になりました。後輩が熱心にネットワークビジネスの勧誘もしていたからなんですね。本当に困った話です。でも、アムウェイの製品ていい物が多いんですよね。とはいってもダウンラインを増 […]

1 2 3 4 5 6