1. TOP
  2. 医療崩壊のはやはりウソだった!



医療崩壊のはやはりウソだった!

桑野一哉
この記事は約 2 分で読めます。 96 Views

多くの日本国民が医療崩壊のデマで騙されました。
医師会、分科会が役に立たないことは証明されましたので、日本人ならしっかりとウソツキ連中をシバいたほうがいいですよ。

医療崩壊、医療ひっ迫なんて言っていたのは、日本を混乱させるためのテロ行為でしかありません。

つくずく金儲け目的の医者を1ミリも信用しなくてよかったです。
もしも信じて騙されていた方がいらっしゃったら、次のウソにはご注意ください。

 

医療崩壊のはウソです。

2/17東京都発表

確保病床数4900
入院患者数2232

重症病床数315
重症患者数85

陽性率 4.2%

 

医療逼迫といいますが、通常でも日本人は月10万人以上がなくなっていて、その約8割(8万人)が病院死です。もちろん最期は重症になって死にます。
月8万人の死亡を難なくこなしてきた医療業界にとって、最大でも月数千のコロナ死亡は本来大した数ではなかったはず。(つづく)

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 掟破りの逆ワクチンパスポート!

  • 干支か!コロナ患者に出会える確率は13年に1回!?

  • デルタ株によりコロナワクチン終了のお知らせw

  • コロナワクチン接種後に4名のパイロットも突然死!

関連記事

  • コロナの感染を予防するためなら暴力もOK!

  • スペイン最高かよ!ライブで感染拡大なしを証明!

  • コロナの茶番をやめたテキサス&フロリダ順調!

  • バイデン政権、空爆でさっそく戦争を再開!

  • 岩田健太郎教授の豹変ぶりからわかるコロナの本当の怖さ

  • NO IMAGE

    ソフマップ福袋