1. TOP
  2. 健康
  3. 恐怖で国民をコントロール・ドイツ政府の対策会議



恐怖で国民をコントロール・ドイツ政府の対策会議

 2021/01/27 健康
この記事は約 7 分で読めます。 731 Views

ドイツ政府の対策会議が流出!

最近では医療用のマスク着用を義務化するなんてニュースになったドイツ。さすがにN95マスクは装着できないだろうと思っていたら、とんでもない内容が暴露されました。

すぐに削除されたとのことですが、しっかりと有志によって伝えられています。

1. 新型コロナ感染症で死ぬということを、「溺れ死ぬ」ようなイメージで、詳細に記載することで人々を恐れさせる。死を、緩慢な窒息死のようなイメージをさせることは極端な恐怖心を喚起することができる。

2. 子供達が、死のウイルスを気づかずに撒き散らし、親をも殺す危険な感染源であることを人々に告げる。

3. 新型コロナ感染症の後遺症に関する注意喚起を拡散する。それが正式に証明されていなくても、これが人々を怖がらせることにつながる。

 

【正式に証明されていなくても】って、まさに今のマスクやPCR検査、いや、新型コロナウイルスの存在すら証明されていないとか。

恐怖で国民をコントロールすることって、すごい政府の議題w
ドイツはメチャクチャだね、と対岸の火事ではなく日本も人ごとじゃないですよ。

 

ワクチンは推奨しないと削除対象になるというSNSw
そんな中でも、真実をきっちり伝えてくれる人がいるのはありがたいですね。

カモられて、珍コロ程度のためにギャンブル的にワクチンを接種され終わる。先祖もも悔やみきれないですね。

 

おはようございます。院長の松本です。先日衝撃的な事実を知りましたので、ここでシェアさせていただきます。以下の松田学政策研究所の動画で、ゲストである大橋先生が詳細に説明されているのでぜひご視聴ください!!

ドイツ内務省の機密文書。新型コロナウイルス対策会議の一部。そこには恐怖で国民をコントロールすることが、新型コロナ感染症流行を管理するための公式のアジェンダとされていた。

具体的には、
1. 新型コロナ感染症で死ぬということを、「溺れ死ぬ」ようなイメージで、詳細に記載することで人々を恐れさせる。死を、緩慢な窒息死のようなイメージをさせることは極端な恐怖心を喚起することができる。

2. 子供達が、死のウイルスを気づかずに撒き散らし、親をも殺す危険な感染源であることを人々に告げる。
3. 新型コロナ感染症の後遺症に関する注意喚起を拡散する。それが正式に証明されていなくても、これが人々を怖がらせることにつながる。

以上です。

 

動画はドイツで流出した機密文書の内容の話だけど、日本政府にも約2年前に同じものが届いていたのだろう。
大衆扇動の基本に則ってるね。

 

 

 

PCR検査の真実は?

特番『徳島大学名誉教授大橋眞氏 登場。PCR検査の真実は?そもそも新型コロナパンデミックとは?』ゲスト:徳島大学名誉教授 医学博士 大橋眞氏

2020年3月に作成され、5月に暴露されたドイツ内務省の機密文書「COVID-19を管理する方法」が流出。

その内容を公開する。

 

 

『 ドイツ政府の機密文書が流出しコロナの真相が暴露された話 』
🎦https://youtu.be/ugcWk6cAmlI
(アシタノワダイ 12:21)

日本人は、侵略されている事実を認識できないまま終わるのでしょうか…
#グレートリセット

 

 

ドイツで流出した機密文書の1行

『子供たちが死のウイルスに気づかずに撒き散らし、親を殺す危険な感染源であることを人々に告げる』

https://heartreinbow.com/earth/2021/02/16/corona/

日本もやっと追いついてきた

 

 

ドイツ🇩🇪で政府だけが扱う
コロナに関する機密文書が流出
大炎上、暴動、デモが起きてたことを
日本人の何人が知っているのだろうか?

日本政府は本当に正しい情報を
国民に届けているのだろうか?

そんな中で 蔓延防止対策とは?

*画像で機密文書の内容
実際のドイツでの暴動を紹介

 

 

「新型コロナ(武漢肺炎)・医師たちの発言集」ページに次の内容を追加しました。

【動画】
・ドイツ政府の機密文書が流出しコロナの真相が暴露された話

【中村篤史医師 note記事】
・コロナと政治家
・ガドリニウム造影剤
・結局コロナとは
・コロナの嘘5
・コロナの狂気2

 

 

(漫画)ドイツ政府の機密文書が流出しコロナの真相が暴露された話 : 大摩邇(おおまに) http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2172940.html
出て来たね。真実が。

 

 

ドイツで流出した機密文書の1行

『子供たちが死のウイルスに気づかずに撒き散らし、親を殺す危険な感染源であることを人々に告げる』

https://heartreinbow.com/earth/2021/02/16/corona/

日本もやっと追いついてきた

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 宇都宮線でのホストによる高校生への暴行事件も見て見ぬフリ

  • 岸田首相・グレートリセット言っちゃってるしw

  • 2022年ワクチン流行語大賞ノミネート作品

  • あっぱれ宮沢先生!TVタックルのデマに気づけましたか?

関連記事

  • 感染症の専門家がコロナに無力という事実・・・

  • イギリスの看護師がコロナのウソを内部告発!

  • 南アフリカは集団免疫を獲得したなら渋谷ハロウィンも期待できる♪

  • 【悲報】カリフォルニアでもマスクで感染防止効果なし

  • コロナの感染源は高齢者のカラオケ喫茶だった!

  • ドイツで400万人の反コロナフェイク反対デモ