PR

2020年から医療崩壊の茶番は行われていた

ステマ(やらせ)

これ、2020年の話ですが、このようい基本的にデータは都合の良いようにコントロールされています。
追求され逃げられなくなれば訂正。

医療崩壊だの緊急事態宣言など、好きなようにコントロールできるわけですね。
こんなフェイクニュースが発表され、騙されていたわけです。

 

東京都、病床確保数も不正確と認める 緊急事態宣言延長前2000→3300床に修正(楊井人文) – Y!ニュース

東京都、病床確保数も不正確と認める 緊急事態宣言延長前2000→3300床に修正(楊井人文) - エキスパート - Yahoo!ニュース
東京都が緊急事態宣言延長前、新型コロナウイルス感染症患者の入院者数を実際よりかなり多く発表していた問題に続き、病床確保数を少なく発表していたことが判明した。都はこれまで病床確保数について、4月末時点

今回の病床確保数の”上方修正”で、4月30日時点での都内の病床使用率は約60%(3300床に対し入院患者(推定)1800名(*1))、重症病床の使用率は約25%(400床に対し入院患者101名)と、大きく改善していたことが判明した。

 

 5月6日(宣言延長の前日)はさらに改善し、病床使用率が約46%、重症病床使用率が23%になっていた。

 

【新型コロナ】入院患者が4割減少 東京都の病床使用率も50%以下に改善

【新型コロナ】入院患者が4割減少 東京都の病床使用率も50%以下に改善(楊井人文) - エキスパート - Yahoo!ニュース
新型コロナウイルス感染症の入院患者が全国的に減少し、最も多かった東京都でも4月下旬に比べ4割減になっていることがわかった。都の病床使用率も50%以下に改善していた。厚生労働省が5月16日公表した資料

新型コロナウイルス感染症の入院患者が全国的に減少し、最も多かった東京都でも4月下旬に比べ4割減になっていることがわかった。都の病床使用率も50%以下に改善していた。厚生労働省が5月16日公表した資料で明らかになった。(続報あり=東京都の重症者病床使用率、大阪を下回る 正確なデータを公表せず)