1. TOP
  2. ステマ(やらせ)
  3. 2020年から医療崩壊の茶番は行われていた



2020年から医療崩壊の茶番は行われていた

ステマ(やらせ)
この記事は約 2 分で読めます。 151 Views

これ、2020年の話ですが、このようい基本的にデータは都合の良いようにコントロールされています。
追求され逃げられなくなれば訂正。

医療崩壊だの緊急事態宣言など、好きなようにコントロールできるわけですね。
こんなフェイクニュースが発表され、騙されていたわけです。

 

東京都、病床確保数も不正確と認める 緊急事態宣言延長前2000→3300床に修正(楊井人文) – Y!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaihitofumi/20200604-00181747/

今回の病床確保数の”上方修正”で、4月30日時点での都内の病床使用率は約60%(3300床に対し入院患者(推定)1800名(*1))、重症病床の使用率は約25%(400床に対し入院患者101名)と、大きく改善していたことが判明した。

 

 5月6日(宣言延長の前日)はさらに改善し、病床使用率が約46%、重症病床使用率が23%になっていた。

 

【新型コロナ】入院患者が4割減少 東京都の病床使用率も50%以下に改善

https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaihitofumi/20200517-00178894/

新型コロナウイルス感染症の入院患者が全国的に減少し、最も多かった東京都でも4月下旬に比べ4割減になっていることがわかった。都の病床使用率も50%以下に改善していた。厚生労働省が5月16日公表した資料で明らかになった。(続報あり=東京都の重症者病床使用率、大阪を下回る 正確なデータを公表せず)

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 132億のコロナ病床詐欺疑惑は?尾身会長、コロナはまだつづけるそうです。

  • 567刑事チャバン

  • PCR検査なにに反応するか?実験!

  • ワクチンパスポートの目的はコロナワクチンを打たせるためと暴露!

関連記事

  • 麻生太郎財務相・新型コロナはただの風邪と知っていた

  • バイキングはてりたまでウソ発覚!

  • もっと買わせる戦略

  • コロナは死因問わず死亡者数にカウントで!

  • ひるおび 円グラフ

  • 厚生省のコロナ詐欺が露呈した!!