1. TOP
  2. グローバルリセットの前にとりあえず恐怖のワクチンどーぞ♪



グローバルリセットの前にとりあえず恐怖のワクチンどーぞ♪

グローバルリセット

グローバルリセットがちゃくちゃくと進行していますが・・・

 

世界自由同盟、世界医師連盟、啓蒙のための医師団
世界の医師や科学者の主張です

「政府やメディアが恐怖を植え付けている」
「人道的罪を構成している」
「背後に操っている連中がいる」
「グローバルリセットが行われている」

 

その前にワクチン!

効果とかリスクとかどうでもいい。ワクチンを打つということが重要なのだ!って感じでしょうか。

しかも史上初のチャレンジですから、コロナどころじゃないのですが・・・

でもコロナを真に受けてマスクしてる人はワクチンを打って楽になっちゃうって選択肢もあるかも・・・

人間廃業も自己責任ですからね。

 

問:何故ファイザー社のコロナ・ワクチンは-70℃で保存されなければならないのでしょうか?

答え:これまでのワクチンには全く使われたことがない危険な原料が使われているからです。

モデルナ社が最近行ったコロナワクチンの臨床試験では、高容量のコロナワクチンを投与された被験者全員に副作用が生じていました。

 

そんな恐ろしいワクチン、誰も打たないでしょw

と思いきや、打たざるを得ない社会が用意されているんですね。

 

スマートイベント

呼び名は「スマート・イベント」だそう。

ワクチン接種記録か、コンサート当日に検査をうけて陰性結果を提出した人だけにチケットが発行される仕組みだって。

民意ではなく「保険」の問題だから。保険会社がそれを要求すれば開催者側は従わざるを得ない。

 

どんどんフェイクに追い詰められていく人類ですが、いつになったら気がつくのでしょうね・・・

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • インドも集団免疫獲得でコロナの勝ち組に!

  • 日本医師会の医療ひっ迫のカラクリに喝!

  • コロナ商法は過去にもあった!ワクチン販売のためのフェイクパンデミック

  • コロナに騙され、子どもと女性が死んでいく国・日本

関連記事

  • スニーカーのナイキの人種差別問題が発覚!

  • イギリスのデモ

    コロナを見破ったイギリスも反ロックダウンデモ

  • いづも池袋

    池袋いづも コロナ飲み放題

  • アンティファ逮捕へ

  • 評価が気になる人

  • コロナにアメリカ大統領選挙。マスコミはウソをやめよ!