1. TOP
  2. 社会的ファシリテーション

社会的ファシリテーション

桑野一哉
この記事は約 3 分で読めます。 21 Views
社会的ファシリテーション

人に見られていると能力がアップするコツは、社会的ファシリテーションをりようすることです。

 

社会的ファシリテーションとは

社会的ファシリテーションとは、周りに人がいることによってパフォーマンスが変わること。

一般的にファシリテーションとは、会議などでとりまとめることをいいます。みんなの意見をうまく合意させるような役割ですね。

 

でも社会的ファシリテーションの場合、置かれた状況によって人間の能力に変化が起きてしまうのです。

その具体例が、人に見られていると能力が変わる。
多くの場合、人に見られていると能力はアップします。

 

計算作業や運動でもスピードが上がることが確認されています。
でも、すべての能力が上がるわけではありません。

人に見られることでパフォーマンスが下がってしまうこともあるんです。

 

 

パフォーマンスが下がる場合

1人でやると上手くいくのに人前であがってしまう。緊張して実力を発揮できない。そういう人もいます。
でもこれ、ある条件が原因だったのです。

 

それはカンタンか難しいか。
カンタンなことの場合は能力が上がり、難しいことでは能力が下がるのです。 これはゴキブリの走行実験でも確認されたんですね。

 

人に見られていると能力が上がるのは、得意なこと、慣れてること、上手くいくことの場合だったのです。

まぁ上手くいけば良い自分をアピールできるわけで、心理的にもテンションが上がるのかもしれませんね。

 

 

人に見られて能力を発揮するには?

人に見られていて能力がアップダウンするには、やることの難しさが関係しています。

 

ということは・・・

カンタンにやればいい。

 

極論、あらゆることをカンタンやればいいわけです。
って、それができれば苦労しないよ!

ですよね。

 

でも逆に、そのくらい練習したり場数を踏んで経験値を詰む。
そういう人は、周りの人すら味方にできる能力。
やるべきことをやらなかった人の能力は下げる。

 

それが社会的ファシリテーションなのかもしれませんね。
意味がなければ、人間がこんな能力を維持しているとは思えません。

 

他人の目を味方にするも敵にするも、自分しだいってことです。

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

社会的ファシリテーション

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナの感染者は必要に応じて増やすもの!

  • フェア博士、コロナ患者のウソを認めちゃった!

  • PCR検査は検査をしなくても「陽性」

  • 新型コロナウイルス死者の平均年齢

関連記事

  • 指原莉乃の神対応

    指原莉乃が松本人志に神対応

  • 着物広告炎上

    銀座いせよし 広告ポスター炎上

  • 記念硬貨

    天皇陛下御即位記念硬貨

  • AI vs 教科書が読めない子どもたち

    AI vs 教科書が読めない子どもたち

  • Vチューバー

    Vチューバー

  • ワクチンの効果

    豚コレラワクチンの効果