1. TOP
  2. 桑野一哉
  3. 毎日新聞ネタ切れで断末魔!「反マスク、反ワクチン…取材して恐怖」



毎日新聞ネタ切れで断末魔!「反マスク、反ワクチン…取材して恐怖」

 2021/05/29 桑野一哉
この記事は約 3 分で読めます。 165 Views

毎日新聞さん、ポエムが有料記事として後悔されちゃってますが、大丈夫ですか?
てっきりマスクの有用性やワクチンの安全性の、しっかりとした根拠でもあるのかとおもいましたが。

いやでもこの日記になってしまうのは、それだけマスコミはマスクやワクチンをネタ視して国民を騙してでも視聴率を稼ぎ続けたい。
でもさすがにネタが尽きてしまったし、科学的根拠もないという現実から、感想に終始してしまったのでしょう。

 

反マスク、反ワクチン…取材して恐怖 陰謀論者の思考とは/前編
https://mainichi.jp/articles/20210516/k00/00m/040/220000c?fm=line

私の隣の席に座った女性は、マスクを外した。ぞっとして、鳥肌が立った。

・・・ちょっと精神科にでも診断してもらった方がよいのでは?
なんらかの精神的な症状だと見受けられるので、早めに対処されることをおすすめします。

ほかはもうとりあげる必要もないかなw

さすがに毎日新聞の読者へ対しても、ちょっと失礼なクォリティではないでしょうか。
自社の媒体を購読してくれてる読者に、正確な情報を伝えるなら最低限は根拠。
それすらないとは、毎日新聞の購読者へ対する侮辱と受け取られてもしかたないでしょう。

ほかの良い記事、参考、勉強になるジャーナリストのコンテンツに対しての評価も関わるくらい重要な話だと思いますが、あなたはどう感じたでしょうか?

 

マスコミも陰謀論プロパガンダに必死ですね… コロナ脳の記者を工作員として送り込み、何の根拠もない感想と推論を記事にして大衆を洗脳コントロールする。ちなみにこれ、完全にポジティブ・エボリューションめいこさんの事ですね(^^)
https://mainichi.jp/articles/20210516/k00/00m/040/220000c?fm=line

 

報道陣ならコソコソしていないで吉野先生にでも取材して論破してみてはいかがでしょう。

テーマ的にもちょうど良いのでは?

 

一般病院の理事長や慶応大学医学部の非常勤講師等を歴任し、史上最年少最速で認定医・専門医・指導医を取得し、博士号も持ったドクターであり、バーバード大学やペンシルバニア大学でも教壇に立ち、そして基礎研究でも臨床研究でも日本一を科学者として取得し、て臨床研究でも世界2位を取得

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2022年ワクチン流行語大賞ノミネート作品

  • あっぱれ宮沢先生!TVタックルのデマに気づけましたか?

  • 日本の子どもが処刑対象・5~11歳向けワクチンを特別承認

  • もう騙すの無理!まん防・自粛もイラナイYO!

関連記事

  • ロリポップからサーバー移転

  • 東京オリンピックに感染拡大の影響ナシ!

  • コロナワクチンの副反応が認められない理由

  • 河野太郎ワクチンデマ大臣はデマを潰すことができるか?

  • グレートリセット

  • 菅総理の国会答弁での原稿読み間違え事件