1. TOP
  2. 桑野一哉
  3. もしも石原慎太郎がコロナ対策をやっていたら・・・



もしも石原慎太郎がコロナ対策をやっていたら・・・

桑野一哉
この記事は約 3 分で読めます。 231 Views

東京オリンピックもやるかやらないか、さっさと自分のケツを拭いていただろう。
でもそれ以前に分科会にも悪事を働かせないだろうから、新型コロナウイルス詐欺なんかに騙されなかったのでは?

恥ずかしながら政治に興味がなく、暴言のイメージしかなかった。
でこ今回のコロナ茶番でマスコミは平気でウソをついて、国民を騙すために存在していると気づいてから、このように操作されていたと気づいた方も多いはず。

この世にはテレビを中心として、世の中に騒動を起こすことで利益をむさぼる連中が多い。
日本人としては騙されないようにする筆行がある、ということですね。

 

石原慎太郎都知事だったらマスク強要社会にならずに済んだのにな。だって新型インフルエンザの時、すでに社会人だったけど全然記憶に残ってないもんw
それほどあっという間に社会的終息を迎えたんだな。

 

尾身氏も排除で収束!

なんとインフルエンザの時も尾身氏がロックダウンを提言。
しかし賢明な判断で悪事を働かせず、根拠のない対策にNO!

その結果、あっさりとインフル報道は終わり、テレビも視聴率稼ぎのネタになりませんでしたとさ。

山城新伍さん。生前にちょっとご縁があったのだが、実に明るい人柄でカッコ良かった。

なんといっても最高だったのは彼がヤクザの組長の娘の結婚式で仲人を務めた事が発覚し、例によってマスコミが殺到して釈明を求められた時に、「あのねえ、あんた達ね。ヤクザの組長の娘に生まれたからと言って、幸せになっちゃいかんのかね」と言い放った事だ。

その問題はその一発で収まった。
今だったらパーティーで同席しただけでも記者会見開かされて「謝罪」「反省」「釈明」となるのだろう。
小物のお利口ちゃんばかりが、小賢しく狭苦しく息苦しい世の中を作ってしまった。

その結果がマスク警察とか自粛警察とかの登場につながったのだと思う。 所詮は小っぽけな庶民のくだらない声ばかりを尊重した愚かさの因果応報なのかも知れない。

そう言えば石原慎太郎都知事は、SARSの蔓延の時に今の尾身分科会長にロックダウンを勧められて、「そんな事をして経済が壊滅したらどうするんだ。木を見て森を見ずのバカげた空想を言うな!」と一括して、ロックダウンを一蹴したのだとか。そういう大人が欲しい…。

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2022年ワクチン流行語大賞ノミネート作品

  • あっぱれ宮沢先生!TVタックルのデマに気づけましたか?

  • 日本の子どもが処刑対象・5~11歳向けワクチンを特別承認

  • もう騙すの無理!まん防・自粛もイラナイYO!

関連記事

  • 萩生田文科相、秘書と5人で「洋食ビールディナー」全然OK!

  • まん防、ワクチンの副作用でコロナのデマに気づいた方へ

  • 緊急事態条項

  • 【賞金1億円】新型コロナウイルスの存在を証明しよう!

  • 交通機関などでのマスク着用義務化を禁止する法案を提出

  • すばらしい!飛行機でマスク着用拒否での対応!