1. TOP
  2. ステマ(やらせ)
  3. ニューヨークのクライシスアクターによるフェイクニュース



ニューヨークのクライシスアクターによるフェイクニュース

自民党かどうかはさておき、marchだから3月のニューヨークでしょうかね。エルムハースト病院だそうです。

患者が現れて救急車の搬送も受け入れの病院も医療崩壊の危機に。
当時まさに新型コロナウイルスで医療機関もパニックになっていたとき。

しかし実際に現場に訪れた人がみた光景は、マスコミの報道とは全く違った。
つまりニュースの患者や搬送する医療スタッフもクライシスアクター。
壮大なフェイクニュースだったってことですね。

このようなデマを公共放送で流し、世界中の人をパニックに陥れる。
これが新型コロナウイルスの本当の姿だったわけです。

 

自民党だけじゃない。
野党もメディアもTwitterインフルエンサーも多くがコロナ茶番演じてる。
#日本のコロナは自民党の人災

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 濃厚接触者に無診察での感染者認定!?コロナのハチャメチャ大作戦!

  • ハンマーで女性を殴打の犯人を逮捕!

  • マスクはダメ!究極の飛沫対策は息をしないこと!

  • 宇都宮線でのホストによる高校生への暴行事件も見て見ぬフリ

関連記事

  • 岡江久美子 コロナ

  • コロナに騙されないために。テレビ報道のウソまとめ

  • 子どものコロナ患者80万人のはずが実は6万を水増しだったので訂正!

  • 【暴露】東京よりニューヨークに新型コロナの死者が多い理由をマカフィーの創業者がツイート

  • 台風シーズンのフェイクニュース♪

  • フジ、架空の世論調査で捏造発覚!BPO「重大な放送倫理違反」