1. TOP
  2. ニューヨークのクライシスアクターによるフェイクニュース



ニューヨークのクライシスアクターによるフェイクニュース

自民党かどうかはさておき、marchだから3月のニューヨークでしょうかね。エルムハースト病院だそうです。

患者が現れて救急車の搬送も受け入れの病院も医療崩壊の危機に。
当時まさに新型コロナウイルスで医療機関もパニックになっていたとき。

しかし実際に現場に訪れた人がみた光景は、マスコミの報道とは全く違った。
つまりニュースの患者や搬送する医療スタッフもクライシスアクター。
壮大なフェイクニュースだったってことですね。

このようなデマを公共放送で流し、世界中の人をパニックに陥れる。
これが新型コロナウイルスの本当の姿だったわけです。

 

自民党だけじゃない。
野党もメディアもTwitterインフルエンサーも多くがコロナ茶番演じてる。
#日本のコロナは自民党の人災

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新ニュルンベルク裁判2021でコロナのウソを暴く!

  • 歯医者で感染クラスターが発生しない理由

  • コロナ対策がおかしいのは営利目的の犯罪だから

  • 医療崩壊どころか医療病床使用率はむしろ低下していた!

関連記事

  • 海外の新型コロナウイルスのクライシスアクター集

  • 芳野友美さんがクライシスアクター説はデマでしょう。

  • マスクは感染予防のためではなく、政府の指示だった!

  • ワクチン完成するまで生活戻すな

    ワクチン完成するまで生活戻すな

  • コロナは死因問わず死亡者数にカウントで!

  • フェイクコロナで盛り上がるためのPCR検査のクソ手口