1. TOP
  2. 殺人ウイルス設定なのに同じ遺影など、フェイクニュースが軽い件



殺人ウイルス設定なのに同じ遺影など、フェイクニュースが軽い件

ステマ(やらせ)
この記事は約 2 分で読めます。 104 Views

でも高齢者なんかはニュースしかみないだろうから、こういうネタバレって知らないよね。そう考えるとコロナが怖いってのもあり得る。

でもSNSできちんとした情報源にアクセスできる人は、コロナが怖いなんてフェイクニュースに騙されないようにしましょうね♪

 

同じ遺影w

違いますって。同じに見えるけど、似てるだけです。
世の中には似ている人が3人はいるって言うじゃないですか。

ほかにも、ゴムマスクとかクローン人間とかもいるし・・・

 

休憩中にくつろぎすぎw

恐怖の殺人ウイルス設定ではなかったのか・・・

ましてや目の前には大勢の死体なんだよね?

それに格好もラフすぎ!

 

同僚もラフすぎ!

だからな、武漢で発生した未知のウイルス設定・・・

って、死体も軽すぎ!

いや、女は男の前ではか弱いフリをしているだけかもしれん。
それに緊急事態なので火事場のくそ力で片手OKかも。

 

でも、

死体がまっすぐすぎ。

死後硬直というやつか?しらん。

 

でもさー、このクォリティでもコロナは恐怖尾ウイルスって設定、信じる人がいるんだよね。お疲れ様です。はい。

 

 

コ□ナウソの証拠写真、もう一つ発見。あきれます⤵️
2・3月に恐怖を煽る目的でTVによく映された「こんなに多く死人が出てる!コ□ナは危ない!」アピールに使われる風景を撮るための【撮影セット】。 映画みたいに撮るんですね🤣🤣写真はフロリダ。
近くで見ると雑ですが、遠目からカメラ回せば皆が怖がる「コ□ナ恐怖映像」の出来上がりです。
.

宍戸 いえっささん、ありがとう!

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本のコロナ対策は世界2位!

  • シドニーパウエル弁護士・軍弁護士でトランプ三銃士

  • コロナ詐欺で犠牲者をださないために

  • ウイルス

    コロナウィルスの変異は感染力を強めない

関連記事

  • アリゾナのビーチ

    コロナでもアリゾナ州のビーチに繰り出す人々

  • 根拠なし!コロナ祭りの捏造シナリオ

  • 新しい生活様式 報道ステーション

  • コロナのフェイクに気づいた賢いイタリア人

  • コロナすら踏み台にできる人、沈む人

  • ウサインボルトさんもコロナのクライシスアクター?