1. TOP
  2. ステマ(やらせ)
  3. コロナのフェイクをベラルーシ大統領が暴露!



コロナのフェイクをベラルーシ大統領が暴露!

ステマ(やらせ)
この記事は約 4 分で読めます。 1,092 Views

コロナは賄賂で作られた茶番イベント

なんともまた衝撃的、しかも決定的なニュースが報道されましたね。
コロナウイルス騒動は、WHOがお金を払ってやらせていたことが明らかになりました。

 

ベラルーシのルカシェンコ大統領は、IMFがCovid-19の封鎖を課すために10億米ドルの賄賂を提供したと述べています

https://fort-russ.com/2020/09/belarusian-president-lukashenko-says-imf-offered-a-billion-usd-bribe-to-impose-covid-19-lockdown/

 

ベラルーシのアレクサンドルルカシェンコ大統領は先月、ベラルーシの電信局(ベルタ)を通じて、世界銀行とIMFが「Covid Relief Aid」の形で9億4,000万ドルの賄賂を提供したと語った。

9億400万ドルと引き換えに、世界銀行とIMFはベラルーシ大統領に次のことを要求しました。

 

極度の封鎖

ロックダウンや外出自粛でしょうね。それも極度の封鎖ですから、海外でロックダウンを繰り返したり、日本でも県をまたいでの移動を規制したのも納得です。

フェイスマスクの着用を強制

これはわかりやすいですね。科学的には感染予防の効果もなく、逆にウイルスの感染を拡大させることまで証明されたマスク着用。

別にウイル吹田作ではなく、あくまで大衆を管理下におき奴隷の証として着用させているのでしょう。

非常に厳しい門限

何時に家に帰りましょう、なんていわれてないけど・・・
いやいやいや、日本でも飲み屋も22時、飲食店も20時に閉店させましたよね。

しかも都民ファーストの会では罰則規定も設けるそうですよ。

 

警察国家を課すを

警察国家とは、警察が国民の監護・干渉を担当する国家形態。
現代国家において国家の後見的監護が個人生活への過度の干渉を行うこと。

日本だとまだちょっとピンときませんが。
でも行政などが、個人の生活にたいして規制や干渉を行えるようにするのでしょうね。

 

経済を破壊する

これはわかりやすいですね。小さいお店や会社はどんどん潰しましょう。
これは日本政府も行っていることなので、コロナでさらに強化されるのでしょう。

経済を破綻させてどうすんだ・・・?
国民を窮地に追い込み、管理社会への支配下で服従させるためでしょう。

 

日本でも竹中平蔵さんから、ベーシックインカムの話がでてますよね。
月7万円あげるから、マイナンバーにマイクロチップでアバターになってねと。

年金、生活保護、国民皆保険はもう破綻する。
なのでそれを廃止できるわけですね。

 

 

管理社会のお手本

具体的にこのような社会になりつつあるわけですね。

マスクをしていないので逮捕。
スタンガンまでもちだすそうです。

 

 

 

 

でもワイロなんてあり得るのかよ?

コロナの治療薬でマダガスカルの大統領が暴露してますから、じゅうぶんあり得るでしょう。

 

 

これもWHOに従わないからこんな発言をできるわけで、実際は多くの国が支配下に置かれてるのではないでしょうか。

なぜ成功例がないロックダウンを繰り返すのか。
感染を診断できないPCR検査を行い、ただの「陽性」を「感染」と誤報をつづけるのか。
マスク着用を義務化すると感染拡大するのに、マスク着用をすすめるのか。

そう考えた方がつじつまがあうと思いませんか?

しらんけど。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナ変異株の予定表♪

  • コロナワクチンが効かない変異株、デルタ株とは?

  • 目覚めてる庶民(自頭2.0)さんの新型コロナウイルスまとめ

  • 医療崩壊寸前の肥料ひっ迫を一瞬で解決する方法w

関連記事

  • 「モーニングショー」が撮り鉄に謝罪

  • コロナは死因問わず死亡者数にカウントで!

  • 日本医師会の医療ひっ迫のカラクリに喝!

  • ひるおび 円グラフ

  • グレタさん誤爆ツイートで暴露!活動は組織に指示だった!

  • バイデンの不正選挙まとめ・2020/11/07