1. TOP
  2. ケイリーマクナニー

ケイリーマクナニー

トランプ大統領の勢いを感じさせる、ケイリーマクナニー大統領報道官。
まぁ見た方が早い、というマスコミあしらい。

でもアメリカ人てこのくらい主張するんじゃないの?なんて偏見を持ちそうですが、違うようです。

 

たとえば2017年。サラ・ハッカビー・サンダース副報道官の会見。

徹底したマスコミからの攻撃で、かなり参っているのがわかります。

その証拠に、ケイリーマクナニーが大統領報道官のなる前の大統領報道官は、1度も会見を開いていないそうです。

そんな中での↑である。

 

ケイリー・マクナニー (英: Kayleigh McEnany、1988年4月18日 – )は、 アメリカ合衆国の政治家、作家。

FOXニュースのプロデューサー → CNNの政治アナリスト。
反トランプとしての発言をしていたのに、今や第31代ホワイトハウス報道官。

反トランプとして攻撃視していたのに、なぜ?

FLASHの記事ではこんなのがあります。

知人から『君は若くてブロンドで、ハーバード卒の肩書がある。トランプを支持したほうが、政治評論家として有利になる』と言われ、支持に転向。

損得でメリットがあるからトランプ側についた。

というフェイクニュースといってもいい内容。

 

本人コメント。

「私は以前愚かにもCNNの報道を信じてました。CNNはでっち上げを報道している。」

元々民主党支持者だったが、メディアの偏向報道に気がついて共和党支持に回ったのですね。

まぁトランプ大統領クラスの人間を、個人の野心程度でだませるはずもないでしょう。

 

見た目から日本では、浜崎あゆみなんて言われてますが、芸能人くらいルックスもいい。が、やはり圧倒的な能力の高さ。

にもかかわらず、子育て中という。

 

過酷な状況、立場にもかかわらず32歳という若さでこなす。

ちなみに↑は正確さ重視で各マスコミを原稿読みしていますが、フリートークに近い方が魅力が際立ちますね。

日々の心持ち、勉強量などは推して知るべしですね。

 

 

ちなみに、アメリカの感染拡大が止らない!系の話ですが、たびたび医療崩壊と紹介されたニューヨークも収束しています。

PCR検査の拡充うんぬんいってるうちに、自然に収束。
マスコミはこういう視聴率がとれないニュースを報道しないだけ。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • インド・バングラデシュ

    コロナに勝利しつつあるバングラデシュ

  • コロナ対策でウハウハ儲かる企業と思考停止で沈む日本

  • ワクチンで証明!日本はチャレンジャーが集まる国だった!

  • コロナは怖い話と同じ。怖がってるうちはおもしろがって続けるよ♪

関連記事

  • 水木一郎

  • 天気の子のプロット。結果を出すクリエイターの見えないデザイン

  • Moderna社 ワクチン

  • ホリエモン 四一餃子

  • ひとり10万円公約で当選!でもあげるわけじゃない。小田原市長の守屋輝彦さん。

  • マスクを外してよいのは良い子へのご褒美