1. TOP
  2. 【悲報】ニュージーランド再ロックダウン!



【悲報】ニュージーランド再ロックダウン!

健康
この記事は約 3 分で読めます。 43 Views

ニュージーランド最大都市で外出制限 102日ぶりに新型コロナ市中感染

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200812-00000520-san-n_ame

 

11日、同国最大都市オークランドで4人の新型コロナ感染を確認、同市を3日間封鎖すると発表した。同国で新型コロナの感染が報告されたのは102日ぶりだった。

 

先日、市中感染ゼロ100日達成!がニュースになったばかり。

 

 

昨日なんかもコロナ対策の成功例として、PCR検査を徹底して拡充したニュージーランドが出ていました。

なるほど、こっちのパターン(スウェーデンの逆)でも押さえ込むこともできるんだ。

なんて思っていたら、再ロックダウン。
最大都市オークランドで3日間の外出制限だそうです。

 

 

感染者がなくなったあとも、徹底的にPCR検査。

 

PCR検査をここまでしっかり拡大してもダメ。
感染の予防にはならないということですね。

PCR検査のコストも無料ではないですし、検査する人の時間も医療資源も使ってしまいます。

 

この水準を維持するには、年に何回のロックダウンが必要になってしまうのか・・・

ほかの国もとりあえず100日くらいでは、感染症対策の結果がわからないですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ペンシルベニアでトランプ逆転勝訴?

  • 不正選挙のドミニオンサーバーをら米軍がCIAから奪還

  • マスクに効果がないことがバレるとマズい?

  • トランプ大統領、逆転の可能性と重要発言4つのポイント!

関連記事

  • コロナビジネスの被害者も高齢者

  • コロナが収まると困る医療関係者もいる

  • 【後悔】フランスがロックダウンとマスクでまた感染者が増加!

  • コロナの集団免疫は2021年には期待!

  • いまだにマスクしている人の特徴

  • https://indeep.jp/sweden-has-completely-won-against-2020-pandemic/

    スウェーデンの何もしない対策が成功な理由