1. TOP
  2. スペインの”真実のための医師たち”

スペインの”真実のための医師たち”

健康
この記事は約 3 分で読めます。 89 Views

さらにコピペして投稿しておきますw

【ドイツ・啓蒙のための医師団】

 

FBFよりコメントごとコピペシェアします。

西側諸国、スウェーデン、ドイツに続きスペインでも

____________

プライベートグループで共有されていた投稿をシェアします。
投稿された方に許可をいただき、紹介文と要約もシェアいたします。
1時間20分超の動画なので、時間ができた時に自分でも確認します。

世界は「コロナ怖い」一色では(もともと無かったはずだけど)無くなりつつある。

————-
今日の午後、遂にマドリードで “真実のための医師たち” が共同記者会見でプレゼンテーションを行ないました。

初回から、エネルギッシュにズバリと本題に入って行きました。

 

内容は彼等が4月から医師会などにマスク着用や外出禁止が必要無いと訴えてきたこと、これから更に医師たちの参加が増えて行く見込みであること、パンデミアに医学、科学的なエビデンスが乏しいことが強く訴えられました。

– マスク着用は感染者とその周囲、医療従事者だけで充分。
– マスクには沢山のリスクがある。
– 症状の無い人達の外出禁止は無意味。
– PCR陽性者が感染者とは言えない。
– PCR検査に問題がある。
– ウイルスの単離は簡単ではなく、他のタンパク質も混じりやすい。
– ウイルス感染症状以外に、毒性の症状が見られる。5Gの影響や薬害も観察必要。

– インフルエンザワクチンの影響が考えられる。
– サイトカインストームが観察される。
– 呼吸器の使用が不適切であった。
– 患者の解剖が認められていなかった。
– 子供達の遊びや生活、教育現場が普通であるべき。
– 陰謀の可能性がある。

などなど、大雑把に要約しました。

正直言ってもう諦めて悲観的になっていましたのでとても嬉しかったです! 潰されないで頑張って欲しいです!

 

日本でもコロナのカラクリを初期から見抜いている医師、おかしいと気づいて情報発信をしている医師もいます。

真実を語れるのは不思議とビジネス藻成功している医者が多い気がするのは気のせいでしょうか。

日本でも登場が楽しみですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 愛知県豊川市に中国がマスク10倍返し!

    消費ビッグデータによる購買行動分析

  • 日本は何を失敗?コロナ対策が似ているのに妊娠出産では明暗を分けた国

  • 無症状者にPCR検査しても感染は抑えられない

  • ロックダウン解除で入院者減少のフロリダ

関連記事

  • WHOはロックダウンを有害認定

  • https://news.yahoo.co.jp/articles/31343b54d7c1fca82e5d498ada15cd0c8a03d6d5

    フェースシールド2日で断念「息苦しい」

  • COVID-19はパンデミックではない

  • 『猫からの感染が怖いから駆除しろ』という精神的な病

  • いまだにマスクしている人の特徴

  • ロックダウンは労働者に対する非道な攻撃 ハーバード大学の医学部教授