1. TOP
  2. 桑野一哉
  3. ロシアがウクライナへ侵攻し攻撃したのは生物兵器の研究所か?


ロシアがウクライナへ侵攻し攻撃したのは生物兵器の研究所か?

 2022/02/27 桑野一哉
この記事は約 74 分で読めます。


ロシアの侵略で無いことはちょっと調べればわかる。
コロナと同様にフェイクにクライシスアクター、過去映像でマスコミのデマ報道。

じゃぁウクライナで起きていることは何なのか?
ちょっとヒントが見つかりましたね。

 

さすがに情報不足ですが、マスコミが本当の事は伝えない。
これはコロナで日本人も確認できたことでしょう。

ならば何の為にウソをつき、真実はなんなのか?を考える必要がありますね。
戦争反対!みたいな薄っぺらい話じゃなさそうです。反省。

 

ロシアが入って以降🇺🇸はウクライナの生物学研究所の資料を削除するのに必死。なぜ?ウクライナ軍が慌てて燃やしていた資料は何?ウクライナは原子力や生物兵器開発の知が結集している場所。ウクライナを乗っ取ったネオコンが14箇所の生物学研究所で開発し必死で抹消しなければならないものとは何?

 

 

ロシアの侵攻が激化する中、キエフで書類を燃やすために奔走するウクライナ治安部隊の姿が見られる 侵攻が激化し、ロシア軍が近づく中、ウクライナ治安部隊はプーチン軍による本格的な占領を想定し、必死で書類を一斉に焼却している

 

 

ウクライナ情報省付近で文書を焼却するウクライナ軍兵士

ウクライナには、米国国防総省から資金提供を受けている米国の生物兵器基地研究所があります。ウクライナは人道に対する罪を隠しています

 

 

ウクライナには米国の生物兵器研究所がたくさん存在しています。

 

 

ロシアとウクライナ
このマップを見るとウクライナにあるアメリカのバイオラボ(生物兵器研究所)を攻撃しているように見える
首都キエフにもある
プーチンはトランプに緊急電話で「この攻撃はテロリストを標的にしている、侵略ではない」と言ったとか

Map of Russian assault on Ukraine: Border crossings and bombings

https://truthundercover.com/as-always-us-covert-ops-in-ukraine-multiple-dangerous-biolabs/

 

 

生物兵器研究所の資料を削除した
削除=それは「真実」という事ですね
やはり、ウクライナ=米DSカパル
欧州DSカパルの総本山でした
なので、拘束された人物はナチスメンバー
なわけで

 

 

ビル・ゲイツが予言「次のパンデミック」は新型天然痘か!? 世界中で不穏な兆候… 有名医師に聞いた! / https://tocana.jp/2022/02/post_231173_entry.html
#オカルト #不思議 #スピリチュアル #宇宙人 #面白ニュース

 

ウクライナにある14ヶ所のアメリカの秘密の生物学的研究所の建設はブラック・アンド・インディヴィッド社という請負業者を通して行われている。何故この会社まで名前にブラックがつくのかね?何故メディアはこれに触れない?世界25ヵ国1495もあるんですよ。

 

 

元記事が削除・・・
ということでキャッシュから復元してみたお!

U.S. biolaboratories in Ukraine: Deadly viruses and threat for population

ウクライナの米国バイオラボラトリーズ:致命的なウイルスと人口への脅威

19:48, 23 September 2020
America has allocated more than $ 2 billion to finance secret biological laboratories in Ukraine. And only the Americans have the exclusive right of access to the experiments carried out there … The Ukrainian authorities stubbornly hide even the existence of these laboratories. And people panic because of outbreaks of unknown diseases … So how protected are these premises from the leakage of dangerous viruses?
Author : 112.ua News Agency

2020年9月23日 19:48
アメリカはウクライナの秘密の生物学的研究所の資金として20億ドル以上を割り当てた。そして、アメリカ人だけがそこで行われた実験にアクセスする独占的な権利を持っている・・・。ウクライナ当局は、これらの研究所の存在さえも頑なに隠している。そして人々は未知の病気が発生したためにパニックになる.では、これらの施設は危険なウイルスの流出からどれくらい守られているのだろうか?
作成者 : 112.ua News Agency

 

 

Biological weapons
Open source
Tetyana, 49 visited all possible doctors. She underwent tests, ultrasound, gastroscopy. But the woman did not understand what exactly she was sick with. She does not want to attract too much attention from the special services, so she agreed to the interview only on the condition that we did not show her face.

“The state of health sharply worsened, I suddenly began to vomit, then the fever for three days, then there is no fever for these three days. It’s all somehow strange,” says Tetiana.

At first, the symptoms were similar to poisoning, there was a severe cough and burning sensation in the chest, and then also a strange rash on the hands. In the end, she could not get out of bed from weakness.

 

生物兵器
オープンソース
Tetyanaさん(49歳)は、可能な限りの医師を訪ねました。超音波検査や胃カメラなどの検査を受けた。しかし、彼女は自分の病気が何であるかを理解していなかった。しかし、彼女は自分の病気が何なのか、よくわからないという。

「体調は急激に悪化し、突然嘔吐が始まり、3日間熱が続き、この3日間は熱がない。なんだか不思議なことばかりです」とテティアナは言う。

最初は中毒のような症状で、激しい咳と胸の灼熱感があり、さらに手に奇妙な発疹が出た。最後には脱力感からベッドから起き上がれなくなった。

 

 

“I started going to the doctors. But they really can’t find anything. This, they say, is some kind of psychosomatics,” she says.

And, as Tetyana later discovered, almost all her neighbors had such psychosomatics. Strange coincidence, isn’t it?

“My sister came and invited me to Kyiv. Although I felt bad, I thought I’ll go and suddenly began to feel better. I just moved away from home, I immediately felt better. For some reason, I suspected that something was not right here, perhaps someone is doing some kind of research, “the heroine reflects.

Today Tetyana is almost sure that the cause of her incomprehensible illness is some kind of virus leak from the biological laboratory, near which she then lived. And she didn’t even know about it.

“医者 “に通い始めた。でも、本当に何も見つからないんです。これは、ある種の精神疾患だと言われました。

そして、テチヤナさんが後で知ったように、彼女の隣人のほとんどが、そのような精神疾患を持っていたのである。不思議な縁である。

「姉が私をキエフに誘ってくれたんです。姉がキエフに誘ってくれて、悪いと思いつつも、行ってみたら、急に元気になったんです。家を出ただけなのに、すぐに元気になった。なぜか、ここは何かおかしい、もしかしたら誰かが何らかの調査をしているのではないかと疑ったのです」とヒロインは振り返る。

テチヤナさんは、この不可解な病気の原因が、当時住んでいた生物学研究所から漏れたウイルスであることは、ほぼ間違いないという。でも、彼女はそのことを知らなかった。

 

 

Foreign laboratories

Oddly enough, for the first time talks about American laboratories in Ukraine started abroad. Three years ago, the Serbian newspaper Pechat published an article “Why is the US turning Ukraine into a biological bomb?”

It says about the laboratories built in Ukraine in 2014-17. It seems that only Americans work there, and the Pentagon finances them.

This information was picked up by Russian and Bulgarian media. The latter conducted their own investigation in 2018. And they counted 11 secret laboratories in Ukraine through which dangerous diseases spread.

In Ukraine, the existence of American laboratories was the first to be raised by MPs Viktor Medvedchuk and Renat Kuzmin. They even sent an appeal to the SBU about the commission of a criminal offense.

海外の研究室

奇妙なことに、ウクライナにあるアメリカの研究所についての話は、初めて海外で始まった。3年前、セルビアの新聞Pechatは、”なぜアメリカはウクライナを生物爆弾にするのか?”という記事を掲載した。

2014年から17年にかけてウクライナに建設された研究所について書かれている。そこではアメリカ人だけが働いていて、ペンタゴンが資金を提供しているようです。

この情報は、ロシアやブルガリアのメディアでも取り上げられました。後者は2018年に独自に調査を行った。そして彼らは、危険な病気が蔓延しているウクライナの秘密研究所を11カ所数えた。

ウクライナでは、アメリカの研究所の存在を最初に指摘したのは、ヴィクトル・メドヴェチュクとレナト・クズミンという国会議員だった。彼らはSBUに刑事犯罪の遂行に関するアピールを送ったほどだ。

 

 

The official document indicates that US military doctors are studying the use of pathogens of especially dangerous infections in different regions of Ukraine. This is confirmed by outbreaks of dangerous infectious diseases.

In 2009, 450 Ukrainians became victims of hemorrhagic pneumonia in Ternopil. Hemorrhagic or viral-bacterial pneumonia is an acute infectious disease. It can lead to death.

In 2011, 33 Ukrainians suffered from cholera, in 2014 – already 800, and in 2015 in Mykolayiv alone – another 100. Cholera is an acute diarrheal infection. It occurs when eating food or water contaminated with the bacteria Vibrio cholerae O1 or O139. It can lead to death.

“And if all this is mapped, then we understand that in fact, where these laboratories are located, these outbreaks are mainly taking place,” says political expert Olexander Lazarev.

In addition to the SBU, MPs also appealed to President Zelensky, Prime Minister Denis Shmygal and Minister of Health Maxym Stepanov with a demand to make public information about the existence of American laboratories in Ukraine.

“Given the growing incidence of serious infectious diseases among the population, there is every reason to believe that the secret and opaque activity of dangerous foreign biological objects on the territory of Ukraine is aimed at covert testing of the action of viruses and bacteria on the citizens of Ukraine,” the appeal says.

“If this is not true, then the government should refute it. And if it’s true, then explain to people how much the Ukrainian government controls their activities and how safe it is for our lives,” Mykola Skoryk says.

The President ignored the appeal. Ukraine’s Security Service (SBU) objected all.

公式文書によると、米軍医師がウクライナの様々な地域で特に危険な感染症の病原体の使用について研究しているとのことです。これは、危険な感染症の発生によって確認されている。

2009年、テルノピルで450人のウクライナ人が出血性肺炎の犠牲となった。出血性肺炎またはウイルス性細菌性肺炎は、急性感染症である。死に至ることもあります。

2011年には33人のウクライナ人が、2014年にはすでに800人が、そして2015年にはミコライフだけでさらに100人がコレラの犠牲となりました。コレラは、急性の下痢性感染症です。ビブリオコレラO1またはO139という細菌に汚染された食物や水を食べると発症します。死に至ることもある。

政治専門家のオレクサンドル・ラザレフ氏は、「もし、これらすべてが地図に載っているならば、実際にこれらの研究所がある場所で、これらのアウトブレイクが主に起こっていることが理解できます」と言う。

SBUに加えて、国会議員たちは、ゼレンスキー大統領、デニス・シュミーガル首相、マクシム・ステパノフ保健大臣に、ウクライナにおけるアメリカの研究所の存在について情報を公開するよう要求した。

「国民の間で深刻な感染症が増加していることを考えると、ウクライナ領土における危険な外国の生物学的対象物の秘密で不透明な活動は、ウクライナ市民に対するウイルスやバクテリアの作用を秘密裏にテストすることを目的としていると信じるだけの理由がある」と、アピールは言っている。

“もしこれが真実でないなら、政府は反論すべきです。そして、もし本当なら、ウクライナ政府がどれだけ彼らの活動をコントロールし、我々の生活にとってどれだけ安全かを人々に説明するべきだ」とMykola Skorykは言う。

大統領はこの訴えを無視した。ウクライナの保安局(SBU)はすべて異議を申し立てた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 

 

“Firstly, there are no foreign biological laboratories operating on the territory of Ukraine. The statements that have recently been heard from certain politicians do not correspond to reality and are a deliberate distortion of facts,” the message says.

“This speaks only of one thing – that the Security Service of Ukraine is not engaged in its direct responsibilities. That is, it is actually engaged in ‘protection’, pressure on the opposition, looking for the arms and legs of the Kremlin, but do not see these frankly illustrative examples of security violations. – this is their specificity,” Oleksander Lazarev comments.

But while the SBU denied the existence of American laboratories in Ukraine, the American embassy played ahead of the curve. The presence of laboratories has been officially confirmed, as well as that they are funded by the Pentagon.

“The US Department of Defense’s Biological Threat Program is working in Ukraine with the Ukrainian government to ensure consolidated and secure storage of pathogens and threatening toxins,” the embassy said.

「まず第一に、ウクライナ領土内で外国の生物学的研究所が活動していることはない。最近、一部の政治家から聞かれた発言は、現実に即しておらず、事実を意図的に歪曲したものである」とメッセージは述べている。

「これは、ウクライナの保安局がその直接的な責任に従事していないことを物語っているに過ぎない。つまり、実際には『保護』や野党への圧力、クレムリンの手足探しなどに従事しているが、こうした治安違反の率直な例を見てはいけないのだ。- これが彼らの特異性だ」とOleksander Lazarevはコメントしている。

しかし、SBUがウクライナにあるアメリカの研究所の存在を否定したのに対し、アメリカ大使館は先手を打った。研究所の存在は公式に確認されており、国防総省から資金提供を受けていることも判明している。

「米国国防総省の生物学的脅威プログラムは、ウクライナ政府と協力して、病原体や脅威となる毒素の統合的で安全な保管を保証している」と大使館は述べている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 

 

“The response of the US Embassy was rather inadequate, but they posted this answer, later they corrected it several times, in particular the page on which the experiments were discussed, information about the reaction of people with these diseases. First, this paragraph was corrected on the embassy website, plus then this page disappeared and there was a big difference between the page in English and Russian, ” political expert Mykhailo Chaplyga says.

So who to believe while the president is silent: the U.S. embassy or the SBU?

They operate in accordance with the 2005 agreement between the Ministry of Health and the US Department of Defense on the reduction of biological threats. US Senators Barack Obama and Richard Lugar came to the signing. We even went on an excursion to the Kyiv Sanitary and Epidemiological Station.

According to clause 5 of the agreement, the Ministry of Health of Ukraine collects and stores dangerous strains in laboratories funded by the United States. Reports directly to the US Department of Defense, and transfers copies of dangerous strains there for further research.

Further on the secrecy. According to Art. 7. p 2. of the agreement in Ukraine it is prohibited to disclose information that the Pentagon has identified as “sensitive” …

In return, the Pentagon gets access to information that is a state secret of Ukraine (clause 4 of article 7. of this agreement).

「アメリカ大使館からの回答は、かなり不十分なものであったが、この回答を掲載し、その後、何度か修正された。特に、実験について議論されたページでは、これらの病気にかかった人々の反応についての情報が掲載されている。まず、このパラグラフは大使館のウェブサイトで修正され、さらにこのページは消えてしまい、英語とロシア語のページには大きな違いがあった」と政治専門家のMykhailo Chaplygaは語っている。

では、大統領が沈黙している間、誰を信じればいいのだろう。アメリカ大使館とSBUのどちらを信じればいいのだろう。

彼らは、生物学的脅威の軽減に関する2005年の厚生省と米国防総省との協定に従って活動している。米国のバラク・オバマ上院議員やリチャード・ルーガー上院議員が調印式に来た。キエフ衛生疫学ステーションへのエクスカーションも行った。

協定第5条によると、ウクライナ保健省は、米国が資金提供する研究所で危険な株を収集し、保管する。米国国防総省に直接報告し、危険な株のコピーをそこに転送し、さらに研究を進める。

さらに秘密保持について。第10条によると ウクライナでの協定の7条2項では、国防総省が「機密」と認定した情報を開示することは禁じられている・・・。

その見返りとして、ペンタゴンはウクライナの国家機密である情報へのアクセスを得る(この協定の7条4項)。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 

 

This agreement arose not from scratch, but on the basis of a framework agreement between Ukraine and the United States in 1993, when America helped Ukraine to eliminate strategic nuclear weapons and proliferate weapons of mass destruction. Its term expires only in December 2020.

Until then, representatives of the Pentagon have the right to check the work of laboratories, as well as to participate in activities at facilities in Ukraine.

Related: Pompeo convinced coronavirus began to spread from Wuhan laboratory
How Americans cooperate with Ukrainian scientists is one question. Another one is why would they invest more than $ 2 billion in biological laboratories?

We managed to arrange an interview with a former FBI special agent. And here’s the American point of view.

この協定は、ゼロから生まれたのではなく、1993年にウクライナとアメリカの間で締結された枠組み協定を基に、アメリカがウクライナの戦略核兵器廃絶と大量破壊兵器拡散を支援した際に生まれたものだ。その期限は2020年12月まで。

それまでは、国防総省の代表が研究所の作業をチェックしたり、ウクライナの施設の活動に参加する権利がある。

関連記事 ポンペオは、コロナウイルスが武漢の研究所から広がり始めたと確信している。
アメリカ人がウクライナの科学者とどのように協力しているのかは、一つの疑問です。もうひとつは、なぜ彼らは生物学的な研究所に20億ドル以上も投資するのだろうか?

我々は、元FBI特別捜査官とのインタビューを手配することができました。そして、これがアメリカの視点である。

 

 

“I understand why Ukrainians are afraid when it comes to biolaboratory. I think the program has two goals – to help improve the safety of laboratories and, possibly, to collect intelligence information about what is happening in those laboratories so that we are aware of .. “These new technologies are creating opportunities that were not available before in the development of bioweapons,” former FBI special agent Tracy Walder says.

“The story originates in the Soviet Union, but we understand that old Soviet laboratories were scattered across the territory of the Russian Federation. Everyone knows about the nuclear weapons that we handed over, but the real weapons in the modern world are still biological ones,” Chaplyga says.

And 6 years after the signing, a tragedy occurred at one of the biological laboratories in the town of Sverdlovsk in Siberia.

“A kind of microbiological Chernobyl to an ordinary residential area where anthrax was produced. And so that you know, Siberian plague was produced on a large scale: there were such tanks as in elevators, these were all anthrax spores. It was just an industrial scale. When one of the pipes spreaded these disputes, because they forgot to change the filter, about a hundred people died. In fact, the work continued until 1992, until the collapse of the Soviet Union. Under Yeltsin, it was closed,” says Yevgen Dikiy.

“In fact, now we are talking about biological weapons, which are being developed on the territory of Ukraine, which we do not know about and which is not under the control of Ukraine,” Chaplyga added.

“バイオラボというとウクライナ人が怖がるのはよくわかる。このプログラムには2つの目的があると思います。研究所の安全性を向上させること、そしておそらく、これらの研究所で何が起こっているかについての諜報情報を収集し、我々が認識できるようにすることです。「これらの新しい技術は、生物兵器の開発において、以前にはなかった機会を生み出しています」と、元FBI特別捜査官のトレイシー・ウォルダーは言います。

「この話はソ連に端を発していますが、ソ連の古い研究所はロシア連邦の領土に点在していたことが分かっています。引き渡した核兵器は誰もが知っているが、現代世界における真の兵器はやはり生物兵器だ」とチャプリガは言う。

そして調印から6年後、シベリアのスベルドロフスクという町にある生物学研究所の1つで悲劇が起きた。

「炭疽菌が作られた普通の住宅地に、一種の微生物学的なチェルノブイリが起きたのだ。エレベーターのようなタンクがあって、そこには炭疽菌の芽胞があったんです。まさに産業規模でした。フィルター交換を忘れたために、パイプの一本がこれらの争いを広げたとき、約100人が死亡しました。実は、この作業は1992年まで、ソ連が崩壊するまで続けられた。エリツィンの時代になると、閉鎖されてしまった」とエフゲン・ディキイさんは言う。

「実は今、私たちの知らないウクライナの領土で、ウクライナの管理下にない生物兵器が開発されているというのです」とチャプリガさんは付け加えた。

 

 

So what do we have. There are 14 laboratories on the map. We wrote requests to the President’s Office, to the Security Service of Ukraine, to the Ministry of Health, to the Public Health Center of Ukraine … Even to Barack Obama. The questions are simple. How many laboratories? What viruses do they work with? And how safe is it for Ukrainians?

“This is not as bad as you think. The US wants your laboratories to be protected from what we are now seeing in China with the example of a virus leak from a laboratory in Wuhan. I personally do not believe that you are doing experiments on humans. But those on animals it is a common practice,” Walder explains.

What experiments are being carried out and what deadly viruses are being tested in Ukraine?

To find out, we went to find the lab data.

Capital. Everything is simple here. The existence of the American laboratory is confirmed by America itself.

“Two laboratories have been built for the State Service of Ukraine for Food Safety and Consumer Protection: one in Kyiv, one in Odesa,” the American authorities said.

The construction of secret US biological laboratories in Ukraine is carried out through a contractor – Black & Individ.

では、何があるのでしょう。地図上では14の研究所があります。大統領府、ウクライナ治安局、保健省、ウクライナ公衆衛生センターに要請書を書いた.バラク・オバマにさえも。質問は簡単です。研究所の数は?どんなウイルスを扱っているのか?そして、ウクライナ人にとっての安全性はどうなのか?

“これはあなたが思うほど悪いことではありません。米国は、武漢の研究所からのウイルス流出の例で、現在中国で見られるようなことから、あなた方の研究所を保護することを望んでいるのです。私は個人的には、あなた方が人体実験をしているとは思っていない。しかし、動物に対する実験は一般的に行われていることです」とワルダーは説明する。

ウクライナでは、どんな実験が行われ、どんな致死性のウイルスが実験されているのだろうか。

それを知るために、私たちは実験室のデータを探しに行った。

資本金 ここは何もかもがシンプルだ。アメリカの研究所の存在は、アメリカ自身が確認している。

「ウクライナ国家食品安全・消費者保護局のために、キエフとオデッサに2つの研究所が建設された」とアメリカ当局が発表しています。

ウクライナにおけるアメリカの秘密の生物学的研究所の建設は、請負業者であるブラック&インディビットを介して行われている。

 

 

“In fact, this is a company that implements the tasks set within the framework of international technical assistance projects, and they are financed by the US government,” explains Olga Shevchenko, acting head of the State Food and Consumer Service.

Black & Individ, in turn, signed a $ 970 million agreement with the US Defense Threat Reduction Agency of the US Department of Defense.

This laboratory is located in a residential area of ​​the capital. Right in the middle of residential buildings.

Apparently, some kind of serious protection and access levels are supposed … I wonder if the locals know that they have a Pentagon-funded facility under their noses?

The journalists found out that the Institute of Microbiology and Strains is located in the capital. And what it is engaged in, the director cannot explain: “This is a veterinary institute. Well, veterinary and bacteriological.”

「国際的な技術支援プロジェクトの枠組みの中で設定された課題を実施する企業で、米国政府が資金を提供しているのです」と、国家食品・消費者庁のオルガ・シェフチェンコ長官代理は説明する。

ブラック・アンド・インディビッドは、米国国防総省の国防脅威削減局と9億7,000万ドルの契約を締結しています。

この研究所は、首都の住宅街にある。住宅地のど真ん中。

どうやら、ある種の重大な保護とアクセスレベルが想定されているようだ・・・。地元の人たちは、自分たちの目の前に国防総省の資金で作られた施設があることを知っているのだろうか?

記者が調べたところ、首都にあるのは「微生物・系統研究所」である。その研究所が何をやっているのか、所長は説明できない。「ここは獣医の研究所です。まあ、獣医学と細菌学ですね」。

 

 

“Only employees of our research institute will work in this building; in fact, their profile does not change,” explains Andriy Mezhensky, director of the State Research Institute for Laboratory Diagnostics and Veterinary and Sanitary Expertise.

But without camera he added: “The Americans do not want us to be engaged in isolation and work with the pathogen in general, they want us as much as possible work on screening methods. They do not trust these post-Soviet countries.”

That is, the main work will be done by the Ukrainians, and the results will be analyzed by the Americans themselves.

30 km from Kharkiv. 7 years ago in the village they were going to build a bacteriological laboratory on American money. They allocated $ 30 million. Was it built or not?

Some say that an American laboratory was built here. There are huge greenhouses, but who knows what they are doing there, perhaps it’s a snag. It is secret, no one from the locals works there, and what is being done there is unknown.

Actually, these are these mysterious structures on the edge of the village, similar to greenhouses. High fence. Surveillance cameras are located along the perimeter.

“There was a corresponding agreement signed between the governments of Ukraine and the US. Apparently, technical experts, designers came to us 15 times, and the construction project was already ready,” says Borys Stegny, director of the Institute of Experimental and Clinical Veterinary Medicine.

「この建物で働くのは、私たちの研究所の職員だけです。実際、彼らのプロフィールは変わりません」と、国立実験室診断・獣医衛生専門研究所のアンドリー・メジェンスキー所長は説明する。

しかし、カメラなしで彼はこう付け加えた。「アメリカ人は、私たちが病原体を隔離して作業することを望んでおらず、できるだけスクリーニングの方法で作業することを望んでいるのです。彼らは、これらのポストソビエト諸国を信頼していない。”

つまり、主な作業はウクライナ人が行い、その結果はアメリカ人自身が分析することになるのです。

ハリコフから30km。7年前、この村にアメリカの資金で細菌学研究所を建設する予定だった。3,000万ドルを割り当てた。建設されたのか、されなかったのか?

アメリカの研究所がここに作られたという話もあります。巨大な温室があるが、そこで何をやっているかは誰も知らない、ひょっとしたらひっかけかもしれない。秘密で、地元の人は誰も働いておらず、そこで何が行われているのか不明です。

実は、村はずれにこのような温室にも似た謎の建造物があるのです。高いフェンス。周囲には監視カメラが設置されている。

“ウクライナ “と “アメリカ “の政府間で、対応する協定が結ばれていた。技術専門家、設計者が15回も来て、建設プロジェクトはすでに出来上がっていたらしい」と実験・臨床獣医学研究所のボリス・ステグニー所長は言う。

 

 

But the locals began to protest. What are they afraid of?

“It was about the fact that if they build under groundwater conditions, then it will not be possible to drink water. That this is a very serious construction of the century, as they said, and that all toxins will go into the ground. People were on strike because it is dangerous. Biolaboratory will grow some microbes. It is not known where they will then take them,” says a resident of Merefa, Kharkiv region, Lyudmila.

The locals were persuaded and reassured. They were told, scientists will work only with especially dangerous animal diseases. And the then leadership of the Ministry of Agrarian Policy, in the end, for some reason, terminated the agreement with the United States.

“In Ukraine, we refuse this assistance, and in Ukraine there are sufficient safety and biosecurity requirements,” Stegny adds.

But all this does not mean that the USA abandoned the laboratory in Kharkiv.

Pomerki district. Here, on the basis of the former regional SES, there is a laboratory funded by the Americans. They invested almost $ 1.7 million in it.

They work with especially dangerous pathogens. It was this permission that was immediately spelled out in the agreement. Does it all fit together?

Related: Medvedchuk promises to investigate U.S. military bacteriological laboratories in Ukraine
“Our laboratory works with pathogens that are identified as especially dangerous”, explains the head of the department of the Kharkiv Regional Laboratory Center Anna Sukhorukova.

And if scientists are happy about it…

“We have a national collection of strains and pathogens, which has about 500 different names,” Stegny says.

しかし、地元の人たちは抗議を始めた。彼らは何を恐れているのだろう。

“地下水の状態で建設されたら、水が飲めなくなる “ということだったんです。これは、彼らが言うように世紀の大工事であり、すべての毒素が地下に入り込むということだ。危険だからということで、人々はストライキを起こした。生物実験室では、ある微生物を育てることになる。ハリコフ州メレファの住民リュドミラさんは「どこに持っていくかは分からない」と言う。

地元の人たちは説得され、安心した。科学者が扱うのは、特に危険な動物の病気だけだ、と言われたのです。そして、当時の農業政策省の指導者は、結局、何らかの理由で、米国との契約を打ち切ったのである。

「ウクライナでは、この援助を拒否しています。ウクライナでは、十分な安全性とバイオセキュリティの要件があります」とステグニー氏は付け加える。

しかし、このことは、米国がハリコフの研究所を見捨てたことを意味するものではありません。

ポムルキ地区。ここには、かつての地域SESを基礎に、米国が資金を提供した研究所がある。170万ドル近くを投資している。

特に危険な病原体を研究している。この許可は、すぐに協定に明記された。すべてうまくいくのだろうか?

関連記事 Medvedchukは、ウクライナの米軍細菌学研究所を調査することを約束した。
「私たちの研究所では、特に危険とされる病原体を扱っています」と、ハリコフ地域研究所アンナ・スホルコヴァ部長は説明する。

そして、科学者たちが喜んでいるとすれば…。

「私たちは、約500の異なる名前を持つ株と病原体の全国コレクションを持っています」とStegnyは言います。

 

 

Then some experts are not happy at all.

“What is happening there, well, it’s a huge secret and it’s huge risks for the country,” Chaplyga says.

To what extent are these objects protected from the leakage of dangerous viruses?

Information about the existence of an American laboratory at the Odesa Anti-Plague Institute is highlighted in all media. Why not show the journalists what is happening there? But our official request was not answered at the institute.

Here it is – Odesa Research Anti-Plague Institute. For 80 years, its main task was to fight the plague. Scientists from the Monterey Institute of International Studies argued that during the Soviet era, this institute was part of a network of almost a hundred such epidemiological centers that had been developing military biological programs for decades.

Until, in September 2009, the Pentagon allocated $ 3 million to create a bacteriological biological laboratory on the basis of the institute.

It is in Odesa that the coolest laboratory in Ukraine exists. Three levels of biosecurity. True, officials are confused whether it exists or not. And the inhabitants of Odesa know about its existence. And what they don’t know – they think out.

According to local residents, not a single specialist from the Soviet Union worked in this laboratory, only Americans.

They say that the people who worked there are still afraid to take some test tubes: they do not know what is there.

The obvious fact is that such a unique laboratory exists. The declaration of its readiness before operation was signed 11 years ago by the then director of the institute, Doctor of Medical Sciences Pozdnyakov. One of those who negotiated with the Americans.

“When they arrived, we discussed how we want to cooperate. They suggested this: they finance everything – heat, water, gas, lighting. So they did. They worked there with different strains. But this is classified information, ” Pozdnyakov says.

He says – the first thing to take care of – is that all these strains, which he cannot talk about, are safely stored! And in this he is fully supported by the former FBI employee.

“For America, in my opinion, it is less important how, say, in your Odesa biolaboratory they experiment and what biomaterials are produced, but rather the safety of such a laboratory,” says Tracy Walder.

すると、全く嬉しくない専門家も出てくる。

「そこで起きていることは、まあ、巨大な秘密であり、国にとって巨大なリスクだ」とチャプリガは言う。

危険なウイルスの流出から、これらのモノはどこまで守られているのだろうか。

オデッサのペスト対策研究所にアメリカの研究所があるという情報は、あらゆるメディアでクローズアップされている。なぜ、そこで何が起きているのかを記者に見せないのか?しかし、私たちの正式な要請は、研究所では回答されなかった。

これが、オデッサ防疫研究所だ。80年間、ペストとの戦いが主な任務だった。モントレー国際問題研究所の科学者たちは、ソ連時代、この研究所は、このような疫学センターが100近くあるネットワークの一部であり、数十年にわたって軍事生物プログラムを開発してきたと主張した。

2009年9月、米国防総省は、この研究所を基礎とした細菌学的生物学研究所の設立に300万ドルを充当するまでである。

ウクライナで最もクールな研究所がオデッサにあるのです。3段階のバイオセキュリティー 確かに、関係者はそれが存在するのかしないのか混乱している。そして、オデッサの住民はその存在を知っている。そして、彼らが知らないことは、彼らが考えることだ。

地元住民によると、この研究所ではソ連出身の専門家は一人も働いておらず、アメリカ人だけが働いていたという。

そこで働いていた人たちは、今でも試験管を取るのをためらっているそうだ。

しかし、このようなユニークな研究所が存在することは事実である。11年前、当時のポズドニャコフ所長(医学博士)が「操業準備宣言」に署名している。アメリカ側と交渉した一人である。

「彼らが到着した時、どのように協力したいかを話し合った。暖房、水道、ガス、照明など、すべて自分たちでまかなおうというのだ。それで、彼らはそうした。彼らはそこで、さまざまな系統の仕事をした。しかし、これは機密情報です」とポズドニャコフは言う。

ポズドニャコフは言う。「まず気をつけなければならないのは、話すことのできないこれらの菌株をすべて安全に保管することだ」と。そして、この点については、元FBI職員が全面的に支持している。

「私の考えでは、アメリカにとって重要なのは、オデッサの研究所でどのように実験し、どのような生体材料を製造するかよりも、そのような研究所の安全性です」とトレーシー・ウォルダーは言う。

 

 

To check who works and who is guarding the laboratory with the highest (third) level of protection in Ukraine, we ambush. The institute works from 9 am.

At 8:47 we are already at the central entrance of the Institute. We follow.

In 40 minutes, the guard allowed seven people to pass. Three cars drove in and out. Are these all the workers? Despite the requests of journalists, no one from the management came to them.

Later, the director of the Anti-Plague Institute, Dmytro Bondarenko, was able to talk by phone. He said that this is a secure facility, and the question should be asked to the SBU. However, the request of journalists has been ignored there for a month.

The old Soviet building is an anti-plague institute. The territory is fenced with barbed wire around the perimeter. The laboratory room is immediately visible. Double glazed windows, surveillance cameras. And also – a dog on a chain. Probably for more security. This is a laboratory that can work with strains of anthrax or cholera.

For a start, Odesa is a city with a million people. More than 3 million tourists come here to the sea every year

“It is not for nothing that such a laboratory appeared a hundred years ago in Odesa. Because here is a site where pathogens can spread very conveniently and very quickly if it is not controlled. If there is no control and the collection disappears, you can expect anything here. It will be an area that will be more dangerous than some kind of desert, “says Odesa journalist Serhiy Dibrov.

ウクライナで最高レベル(3番目)の保護を受ける研究所で誰が働き、誰が守っているのかを確認するため、待ち伏せをした。研究所は朝9時から働いている。

8時47分、我々はすでに研究所の中央玄関にいる。私たちは後を追う。

40分で、警備員は7人の通過を許可した。車3台が出入りした。これで全員か?記者たちの要望にもかかわらず、経営陣の誰も来なかった。

その後、ペスト対策研究所のドミトリー・ボンダレンコ所長が電話で話を聞かせてくれた。彼は、ここは安全な施設であり、質問はSBUにするべきだと言っていた。しかし、そこでは1ヶ月前からジャーナリストの要請が無視されている。

旧ソ連の建物は、ペスト対策研究所だ。領土の周囲は有刺鉄線で囲まれている。実験室がすぐ目に入る。二重ガラスの窓、監視カメラ。そしてまた-鎖につながれた犬もいる。おそらく、より安全性を高めるためだろう。ここは炭疽菌やコレラ菌を扱うことができる実験室なのだ。

そもそも、オデッサは人口100万人の都市である。毎年300万人以上の観光客がこの海を訪れます

「100年前、オデッサにこのような研究所が出現したのは、決して無駄なことではありません。なぜなら、ここは、制御しなければ、病原体が非常に都合よく、非常に早く蔓延する場所だからです。もし、コントロールができず、コレクションがなくなれば、ここでは何でも期待できる。ある種の砂漠よりも危険な地域になるだろう」とオデッサのジャーナリスト、セルヒイ・ディブロフ氏は言う。

 

 

“Why is the United States engaged in the safety of biological laboratories in Ukraine? Because everything has changed! Now bacteria are also turned into weapons in biological laboratories. It is because of the fact that such experiments are going on, and because of the large number of incidents with human errors … People are mistaken in Ukraine, in England, and in Mexico,” explains Tracy Walder.

Open source
When danger breaks out

Year 2012, UK. Human factor. In the laboratory of the health agency and veterinary laboratories, the researchers were confused by the tubes and sent live anthrax to the laboratory without adequate protection. Miraculously, no one was hurt.

Year 2007. According to the Daily Mail, the foot and mouth disease virus has escaped from the British laboratory.

There are many such stories in the United States.

“This happens often. A year and a half ago, Canada sent for some reason dangerous pathogens of the Ebola virus and Genipavirus to the Chinese. One researcher died in the 2014th year, having become infected during experiments in one of the laboratories. We had a case: directly under the biolaboratory they found dens of rats, right where wastes of biomaterials were stored. And this is a third level laboratory, where they work with the most dangerous viruses. And I think this is exactly what happened in China, in Wuhan. I do not think that China released the covid virus intentionally, but the fact that the virus was manipulated and experimented with is for sure. And probably one of the workers got infected and it began to spread. And they did not know how to deal with it. They could not say what they tested, what biomaterials, one would have to confess then,” says Tracy Walder.

“なぜ米国はウクライナの生物学的研究所の安全性に関与しているのでしょうか?すべてが変わったからだ。今や細菌は生物学的研究所の中で兵器にもなっている。そのような実験が行われていること、そしてヒューマンエラーによる事件が多発しているからだ・・・。ウクライナでも、イギリスでも、メキシコでも、人々は勘違いしているのです」とトレイシー・ワルダーは説明する。

オープンソース
危険が発生したとき

2012年、イギリス。ヒューマンファクター。保健所や獣医学研究所の実験室で、研究者が管に惑わされ、十分な防護をしないまま生きた炭疽菌を送り込んでしまったのだ。奇跡的に誰も怪我をしなかった。

2007年。Daily Mail』紙によると、イギリスの研究所から口蹄疫ウイルスが流出した。

アメリカではこのような話が多い。

“よくあること “なのだ。年半前、カナダがなぜかエボラウイルスやジェニパウイルスの危険な病原体を中国に送り込んだ。ある研究所での実験中に感染し、2014年に研究者1名が死亡した。生物実験室の直下にネズミの巣があり、そこに生体材料の廃棄物が保管されていた、という事例がありました。ここは第3レベルの研究所で、最も危険なウイルスを扱うところです。中国の武漢で起こったことは、まさにこれだと思います。中国が意図的にコビド・ウイルスを放出したとは思いませんが、ウイルスが操作され、実験されたことは確かです。おそらく労働者の1人が感染し、広がり始めたのでしょう。そして、彼らはそれにどう対処していいかわからなかったのです。何を実験したのか、どんなバイオマテリアルを使ったのか、その時、彼らは自白しなければならない」とトレイシー・ウォルダーは言う。

 

 

According to a former FBI employee, 80% of the virus leaks are human factors!

That is, it is likely that Covid-19 is the largest leak of an artificial virus from a laboratory.

We return to Tetiana, who could not find the cause of her illness.

The woman associates all her mystical diseases with the building in Kherson, next to which she then lived. Not a single doctor could make a diagnosis. And almost the whole house had strange symptoms. The fact is that it is also an American laboratory. Eight years ago, the Pentagon allocated more than $ 1.5 million for its construction.

Five years ago, Tetyana, a resident of Kherson, just got amazingly ill. Another, who was then running for the mayor’s chair, Tetyana Tomilina raised a fuss.

“Today, on my page, I received information that a secret laboratory of especially dangerous infections in the center of the city of the US Department of Defense is operating in Kherson. If so, then this is a disaster. I went to this laboratory. After the documents they showed me, I was horrified. There is an agreement between the US Department of Defense and the Ministry of Health of Ukraine. This is what I saw: biohazard. I have a question: why do not people know about this? This is an infectious catastrophe that exists in Kherson, must be resolved”, she says.

Related: Activities of foreign bacteriological laboratories in Ukraine should be transparent, – Medvedchuk
The woman was trying to figure out what exactly the American laboratory in her city was doing and why it was being kept secret? But it didn’t work out the way she hoped. They just made a “city madman” out of her in a day, and the next day she and the journalists were not allowed there.

Then her political career ended. And the SBU confiscated documents and photos, which confirmed the existence of the laboratory. Now she doesn’t want to be a hero. Refuses to be interviewed.

The journalists were not allowed into the laboratory itself, and the workers refused to tell something.

American laboratories in the world

Do you know how many such biological laboratories the United States has around the world? 1495! This figure was named by the press secretary of the Chinese Foreign Ministry Hua Chunying. And, according to EAdaily, most of them are outside the United States. There are in Africa, South America, Asia, Kazakhstan, Azerbaijan, Georgia, Ukraine. In total – in 25 countries of the world. Why such a wide geography?

In the States, since October 2014, a moratorium has been in effect on budgetary funding for research related to the modification of viruses that make them more dangerous to humans. It was through this ban in 2015 in North Carolina that research at Chapel Hill University was urgently stopped. Scientists have modified the SHC014 bat coronavirus to become dangerous to humans.

元FBI職員によると、ウイルス流出の8割は人為的要因!

つまり、Covid-19は実験室からの人工ウイルスの流出としては最大規模である可能性が高いのだ。

病気の原因を見つけられなかったテティアナに話を戻す。

この女性は、自分の不思議な病気と、当時住んでいたケルソンの建物を結びつけている。診断できる医師は一人もいなかった。そして、ほとんど家中が奇妙な症状に見舞われた。実は、ここはアメリカの研究所でもある。年前、国防総省が建設費として150万ドル(約1億3千万円)以上を計上した。

年前、ケルソンに住むテチヤナさんが、びっくりするような病気になったばかりだ。もう一人、当時市長の椅子に立候補していたTetyana Tomilinaは騒ぎ立てた。

“今日、私のページで、アメリカ国防総省の街の中心部にある特に危険な感染症の秘密研究所がケルソンで活動しているという情報を得たのです。もしそうなら、これは大変なことだ。私はこの研究所に行ってみた。見せてもらった資料の後、私はぞっとした。米国国防総省とウクライナ保健省との間に協定がある。これが私が見たものです。バイオハザードです。なぜ、人々はこのことを知らないのでしょうか?これはケルソンに存在する感染性の大惨事であり、解決されなければなりません」と彼女は言います。

関連記事 ウクライナにおける外国の細菌学研究所の活動は透明であるべきだ – Medvedchuk
この女性は、自分の街にあるアメリカの研究所がいったい何をしているのか、なぜ秘密にされているのか、それを突き止めようとしていた。しかし、それは彼女の期待通りにはいかなかった。彼らは一日で彼女を「街の狂人」に仕立て上げ、翌日から彼女もジャーナリストもそこに入れなくなっただけだった。

そして、彼女の政治家としてのキャリアは終わった。そして、SBUは研究所の存在を確認する文書や写真を没収した。今、彼女は英雄になることを望んでいない。取材を拒否しています。

ジャーナリストは実験室そのものに入ることができず、作業員も何かを話すことを拒否した。

世界の中のアメリカの研究所

このような生物学的な研究所が、アメリカは世界中にいくつあるかご存知ですか?1495! この数字は、中国外務省の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官が名指ししたものである。そして、EAdailyによれば、そのほとんどがアメリカ国外にあるという。アフリカ、南米、アジア、カザフスタン、アゼルバイジャン、グルジア、ウクライナにある。合計で、世界25カ国にあるのです。なぜ、これほどまでに広い地域なのか。

米国では、2014年10月から、ウイルスを人間にとってより危険なものに改変する研究に関連する予算のモラトリアムが実施されています。ノースカロライナ州では2015年にこの禁止令によって、チャペルヒル大学での研究が緊急停止されたのです。科学者たちは、SHC014コウモリコロナウイルスを人間にとって危険な存在になるように改変したのです。

 

 

Over the past five years, the US National Security Threat Reduction Agency has invested $ 400 million in the construction and development of biological laboratories in Kazakhstan. And another 20 million on top to conduct tests with pathogens and viruses.

“I understand and agree that such research should be transparent, but I remain a pragmatist and have experience of participating in an operation in the CIA and the FBI … The situation is such that we cannot trust other countries. Wars are now waged differently. And I am sure that the next form of war is cyberattacks and biological weapons attacks,” says Tracy Walder.

The authorities of Kazakhstan, as well as the authorities of Ukraine, can only regularly refute this …

However, we managed to find some of the reports that in 2017, a group of researchers from that same central reference laboratory, led by American professor Gavin James Smith, examined bats infected with coronavirus in the Kazakh caves of Altintau, Karaungir and Kapterkhan!

Lugar laboratory in Georgia, in which the Americans have invested $ 350 million, has the third security level! As well as in Odesa. And it also is overgrown with frightening stories.

At first, the Georgian authorities denied everything. But the ex-Minister of National Security of Georgia Igor Georgadze suddenly declares the exact opposite! He also publishes papers, which, according to him, indicate that the laboratory is working on biological weapons. Moreover, Igor Georgadze outlined the statistics of suspicious deaths, which he also associates with the activities of the laboratory.

“30 deaths and 24 of them – in one day. And the greatest surprise is that in the column ‘cause of the disease’ we see the word ‘unknown’, he said.

Local residents of the Alekseevka village, where the laboratory is located, complain about their health.

“More than 1000 especially dangerous infections are there. Agents that cause plague, tularemia, brucellosis, anthrax,” said Natia Chubinidze, head of the storage of bacteria and viruses in Georgia.

As well as the fact, there are laboratories in Ukraine, for which the United States has allocated more than $ 2 billion.

“How does the military department of a foreign state operate on the territory of Ukraine, contrary to its legislation, the Constitution, and controls its biological laboratories?” asks Mykhailo Chaplyga.

過去5年間、米国国家安全保障脅威削減局は、カザフスタンにおける生物学研究所の建設と開発に4億ドルを投資してきました。さらに、病原体やウイルスの実験を行うために2000万ドルを上乗せしている。

「しかし、私は現実主義者で、CIAとFBIの作戦に参加した経験があります。他国を信用できない状況になっている。戦争は今、違った形で行われている。そして、次の戦争の形態は、サイバー攻撃や生物兵器攻撃であることは間違いない」とトレイシー・ウォルダーは言う。

カザフスタン当局も、ウクライナ当局も、定期的に反論するしかない・・・。

しかし、2017年にアメリカのギャビン・ジェームズ・スミス教授が率いるその同じ中央基準研究所の研究者グループが、カザフのアルティンタウ、カラウンギル、カプタカンの洞窟でコロナウイルスに感染したコウモリを調べたという報告の一部を見つけることに成功したのです

グルジアのルガール研究所は、アメリカ人が3億5000万ドルを投資した研究所で、セキュリティレベルは3番目です オデッサと同じように。そして、ここもまた、恐ろしい話であふれかえっている。

当初、グルジア当局は全てを否定していた。しかし、グルジアの元国家安全保障大臣Igor Georgadzeは、突然、正反対のことを宣言しています。彼はまた、研究所が生物兵器に取り組んでいることを示す論文を発表している。さらに、Igor Georgadzeは、不審死の統計の概要を説明し、これも研究所の活動と関連づけた。

「30人が死亡し、そのうち24人が1日に死亡している。そして、最大の驚きは、『病気の原因』の欄に『不明』という文字があることだ」と述べた。

研究所があるアレクセーフカ村の地元住民は、自分たちの健康状態について不満を漏らす。

“1000以上の特に危険な感染症がある。ペスト、野兎病、ブルセラ症、炭疽病を引き起こすエージェントだ」とグルジアの細菌とウイルスの保管責任者のナチア・チュビニッツェは言う。

この事実と同様に、ウクライナにも研究所があり、そのために米国は20億ドル以上を割り当てている。

「外国の軍事部門が、ウクライナの領土で、憲法という法律に反して、どのように活動し、その生物学的研究所を管理しているのか」とMykhailo Chaplygaは問いかけます。

 

 

Think about it. Experiments with dangerous strains of viruses are being conducted on the territory of Ukraine, and for some reason the information is hushed up at the level of the government, the SBU and, as we have seen, the laboratories themselves.

What they are hiding? Prohibited expansions, military biodevelopment? Petitions have even appeared for American laboratories to be checked and closed.

Boris Stogniy warns that there is a danger from these laboratories, because the pathogen can enter the environment.

In response to an official inquiry at the Kherson Biological Laboratory, we were told that research on covid is now being carried out.

Due to the high workload and working hours of the laboratory, outsiders’ access to it is limited.

But if American laboratories with state-of-the-art equipment are now conducting testing, why are there such queues and delays with PCR tests?

There are even more questions about the biosafety of these ultra-modern laboratories during a pandemic. After all, in the coolest laboratory in Odesa, workers also fell ill with covid.

“Several employees were really infected there, and it seems that they did not become infected as a result of household infection, but as a result of their scientific activities,” says Mykola Skoryk.

And even if the simple question “how many of workers are there?” we were not answered either in Ukraine or by Obama, all of them should take care of biosecurity.

P.S. The very existence of American biological laboratories in Ukraine is incredible. Obviously, information about their dangerous research and experiments is being hidden from us.

Related: Mobile World Congress exhibition postponed for end of June 2021 due to Covid-19
#Ukraine #bacteriological laboratories

考えてみてください。危険なウイルスの実験がウクライナの領土で行われているのに、なぜかその情報は政府、SBU、そしてこれまで見てきたように研究所自体のレベルで隠蔽されているのです。

彼らが隠しているものは何か。禁止されている拡張、軍事的な生物学的開発?アメリカの研究所をチェックし、閉鎖するよう求める嘆願書さえ出ている。

ボリス・ストグニイ(Boris Stogniy)氏は、「病原体が環境に入り込む可能性があるため、これらの研究所には危険がある」と警告している。

ケルソン生物学研究所に公式に問い合わせたところ、現在、コビトの研究が行われているとのことであった。

研究所の仕事量や勤務時間が多いため、部外者の立ち入りは制限されている。

しかし、最新鋭の設備を持つアメリカの研究所で検査が行われているのなら、なぜPCR検査に行列ができ、遅れているのだろうか。

パンデミック時のこうした超近代的な研究所のバイオセーフティについては、さらに疑問がある。なにしろ、オデッサの最も涼しい研究所で、作業員もコビドに感染したのである。

「数人の職員がそこで本当に感染したのですが、彼らは家庭内感染の結果ではなく、科学的活動の結果として感染したようです」とミコラ・スコリク氏は言う。

という素朴な疑問には、ウクライナでもオバマ大統領でも答えてくれなかったが、すべての人がバイオセキュリティーに気を配る必要があるのだろう。

追伸:ウクライナにアメリカの生物学研究所があること自体、信じられないことである。明らかに、彼らの危険な研究と実験に関する情報は、私たちから隠されているのである。

関連記事 モバイルワールドコングレス展示会、Covid-19のため2021年6月末に延期。
#ウクライナ #細菌学研究所

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ロシアがウクライナへ侵攻し攻撃したのは生物兵器の研究所か?

  • ロシアに空爆されたウクライナの惨状をライブカメラでチェック

  • 次のパンデミックを防ぐ方法・ビルゲイツ

  • 保育所等でのマスク強要は禁止・厚労省

関連記事

  • スーパーボウル2022をお楽しみ下さい♪

  • PCR差し止め請求訴訟 原告団&応援団募集!

  • 動画ウォッチパーティ

  • カスタムキャスト

  • お客様は神様です!

  • アイルランド保健省もコロナウイルスの存在証明ナシ