1. TOP
  2. 健康
  3. ブースター接種でもオミクロン感染爆発はナゼ?



ブースター接種でもオミクロン感染爆発はナゼ?

イギリス・オーストラリアでも確認された、コロナワクチン接種後の感染者の急増。オミクロン株が強いのでしょうか?

マスク、自粛、ワクチン接種、追加接種、ブースター接種。
うまくいった感染症対策って何があるのでしょうか?

いや逆に、すべてが陰謀論のいうとおりデマで詐欺でシナリオ通りだとしたら・・・

 

 

“英国の70%は2回💉を受けました。

40%がブースターを受けました。

~今日、感染者数の新記録を更新。~

過去5か月間(※ワクチン接種してから)に、英国の全コロナの感染者数の半分以上が記録されました。チャートは上向きに垂直になりました。

どのワクチン専門家がこれを予測しましたか?”

 

 

警告英国のみならず、オーストラリアも感染者数の記録更新。

「マスク義務、ワクチンパスポート、政府の検疫キャンプ、15歳以上の人々の93%以上が2回ワクチン接種し、6月以降100日以上ロックダウンされているにもかかわらず、オーストラリアはコロナパンデミックが始まって以来の感染者数を新記録。」

 

同じ島で接種率52%と0.7%

これは強烈。同じ島で注射器接種率52%のドミニカはオミクロン感染大爆発、接種率0.7%のハイチではほぼゼロ。オミクロンは接種者がひく風邪という事が明白。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 宇都宮線でのホストによる高校生への暴行事件も見て見ぬフリ

  • 岸田首相・グレートリセット言っちゃってるしw

  • 2022年ワクチン流行語大賞ノミネート作品

  • あっぱれ宮沢先生!TVタックルのデマに気づけましたか?

関連記事

  • ねえねえ尾身さん、コロナ補助金の不正受給疑惑はどうなんですか?

  • 大阪の医療崩壊するぞ詐欺はあくまでパフォーマンス

  • 【悲報】免疫つかず!ワクチンまさかの定義変更!(格下げ)

  • ロックダウンに隠されたおそろしい政策

  • ロバートケネディジュニアによるビル・ゲイツとは

  • コロナを5類へ!医療現場も日本赤十字社医療センターの医師