1. TOP
  2. ドミニオン



ドミニオン

ステマ(やらせ)
この記事は約 7 分で読めます。 80 Views

バイデン不正選挙の切り札!

ドミニオン(Dominion)は、アメリカ大統領選挙で使われた不正投票のシステムです。

https://hotnews8.net/society/deep-state/This-Election-was-Rigged-from-Dominion

 

不正選挙の方法の1つが、集計された投票をトランプからバイデンへすり替えます。その時に利用されるのが、このドミニオン。日本ではムサシというのが利用されるらしいです。

 

ミシガン州と2500万ドルの契約を実行した元ドミニオン社のプロジェクトマネージャーは、実はミシガン州民主党の元副部長であり、現在は同州ラトラップ村の村長さんでした

 

 

ドミニオンのエリック・クーマー。役職「ドミニオン投票システムの戦略と安全担当官」アンティファ達との連絡で「選挙に関して心配することはない。トランプは勝たない。俺が確実にそうならないようにした。」もっと暴動を起こせとけしかける。これは証拠として使えそう。

 

 

【速報!】(不正票ソフト)ドミニオンが全米で270万票のトランプ票を削除したことが判明!!

 

 

<米大統領選>開票現場に派遣されていた投票集計ソフト「ドミニオン社」の技術者が供述 「一度集計した投票用紙の束を廃棄せす、何回も通してカウントさせていた…4回、5回と」「上司にそのことを告げたが、『そのことは聞きたくない』と言われた」※日本語字幕

 

 

ドミニオン社にベネズエラとキューバから不正資金?|

不正選挙疑惑の渦中にある投票システム開発会社に様々な新事実が浮上

 

 

【速報】アメリカメディア「バイデンに当確打ったけどちょっと無しにするわ。何かヤバいことになってる」

不正選挙集計ソフトは「ドミニオン」
開発・製造は中国。 ソフトを販売している会社の社長はアメリカ人でナンシー・ペロシ下院議長の夫の会社。

 

 

トランプ大統領「This is crazy!」 ドミニオン投票機のソフト会社「Smartmatic」の社長Peter Neffengerさん、バイデン政権移行チームだとトランプにTwitterでバラされる ⇒ 速攻でTwitter社がアカウント凍結

 

 

1枚で実態を表した図

#ドミニオン などの
電子投票企業の投票機から集めたデータは

#scytl 社のサーバー(ドイツ、フランクフルト)に
集約され

そして #SMARTMATIC 社のシ
ステムに送信されて処理される

#不正選挙 #不正投票 #米国大統領選挙2020

 

 

投票システム「ドミニオン社」の元セキュリティ担当役員・エリック・クーマー博士、2016年に「反トランプ & ANTIFA宣言」を自身のFacebookでし、2016年、投票システムを迂回してデータテーブルに直接アクセスすることが可能と証言していた ※動画

 

 

ミシガン州Lathrup VillageのGarret市長、去年まで2年ドミニオンのリモートの仕事をしてた。辞めて黒人初の民主党市長として当選考えている顔考えている顔。名前もMykaleからKellyにした。さっきLinkedInのページ見に行ったらまだあった。脇が甘いな。スクショ撮られまくってる。

 

 

早速ヤフーは検索結果から外したみたいですね
代わりにダックダックから検索した記事をどうぞ
@tenQuas

 

このようにバイデン側の不正投票システムが明らかになり、取り消しや最終形が相次いでいます。
トランプ支持は不正を許さず、バイデン支持は犯罪行為を行っていると言うことです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • その後のアメリカ大統領選挙の不正選挙疑惑

  • トランプ大統領「今までで最も重要なスピーチかもしれない」

  • CNNトランプ大統領を退陣させるフェイクニュースの内部告発!

  • スニーカーのナイキの人種差別問題が発覚!

関連記事

  • 今週のコロナ感染者の目標は1000人!

  • そろそろコロナを卒業してほしいの

  • アポロ11号 宇宙飛行士 バズ・オルドリン インタビュー

  • NO IMAGE

    コロナのランサーズ案件てホント?

  • イギリス

    どこにおんねん!再感染でロックダウンのイギリスのはずが・・・

  • コロナの感染者は必要に応じて増やすもの!