1. TOP
  2. ひろゆきさんのコロナ脳の原因は情報源!?



ひろゆきさんのコロナ脳の原因は情報源!?

健康
この記事は約 9 分で読めます。 245 Views

何もしなかったアメリカ・・・
そ、それ、どこ情報!?

ひろゆきさんは好きな方なので、コロナ脳も事実を確認すれば寛解すると思ってる私です。

 

でもこれで確認できたのは、クレバーな人でも情報元の質によって結論を誤ってしまうということですね。

「何もしなかったアメリカで30万人以上の人が亡くなっているのは事実なので、本当に何もしなかったらそうなる。というシナリオは正しかったよね。ってのもある種 証明はされているとは思う。」

文脈的には、もっとちゃんと感染症対策を徹底しないとマズいよね。という注意喚起ではあるのはわかります。

 

ただ、

アメリカは、新型コロナウイルスの感染予防対策を何もしなかったなんて事実はありません。

州レベルで差があり強弱はあるので、すべてのアメリカで同じくらいではありませんが厳しいところもあります。

これはひどい。アメリカが何もしなかったって、何を言ってるんだ。カリフォルニアは去年の初頭からずっと規制解除されてないよw

 

レスにあるコロラド州に至っては、罰金まで課されています。

ディスタンスは約1.8メートルは空けること。
握手をしないなどの制約があり、もし違反した場合には1000ドル未満の罰金。

マスク4回義務化したコロラドは義務化するたび壊滅的に増加してることも知らずによくも事実なんて言えるな。コロラドってアメリカじゃないのか?
引用ツイート

これでも感染は増えているんです。
何もやっていないアメリカで大勢の人が死んでいる。

ではなくて、ガッツリ感染症対策をやっても死んでいる。
むしろガッツリやってるからじゃない?という勢いです。

 

 

つまり、感染症対策の専門家がおもいつくような感染症対策を厳しく行っても効果なしです。

 

イギリス

ちなみにロックダウン連発のイギリスでも、感染は爆発中♪
事実を考えれば、ロックダウンは効果がある思える事実が存在しないのです。

英国は厳しいロックダウンしてるのに全く感染が減らないことは完全スルーする医師会会長

【ロックダウンの効果についてはこちら】

 

ここまでで、ひろゆきさんの「何もしなかったアメリカで」
というのは事実と異なることがわかります。

がっちりコロナ対策を行っています。

 

 

30万人死亡

でも30万人もの人がコロナで亡くなっているじゃないか!
という意見もありそうですが、それも事実とは違います。

CDC(アメリカ疾病センター)の公式発表で、コロナの死者は発表の6%と認めています。

 

つまり、コロナ死じゃないのにコロナ死でカウントしているだけなのです。

高齢者や基礎疾患のある人が亡くなったときに、PCR検査で「陽性」というだけ。
つまりコロナじゃなくても持病や寿命でなくなる人でも、コロナ死にカウントしているということです。

 

CDCが公開している文書だと6%。フロリダ州の死亡証明書約14,000枚の分析では8.6%。
あとは合併症(コロナ以外の記載が複数ある)、過去~ヶ月に陽性だった(コロナ陽性で自殺してもコロナ死、~ヶ月は州によって異なる)、備考欄(Part2)にコロナだろうという記載、などなど。

ちなみに日本でも、死因に関係なくともコロナ死にカウントしています。

ウワーーーーーッ。
他で死んでもコロナ死に数えてる。
なのに去年のインフルより死者少ない。

 

コロナ死カウントに関しては、後藤礼司さんと共演されています。
PCR検査「陽性」だけで死因がコロナになるのは不満だと述べています。

医師が激白!コロナが死因じゃなくてもコロナ死にカウント!

 

それでもコロナウイルスに感染しているのでは?という考え方もできますが、PCR検査での「陽性」は「感染」ではありません。なので死因にすることがおかしな話なのです。

この理屈が通るなら、あらゆるウイルスや菌の「陽性」を確認して、死因は「ピロリ菌」などにするようなものです。

 

これで「30万人以上の人が亡くなっているのは事実なので、」も、事実というのは厳しいでしょう。

 

 

コロナ対策を何もしなかったら?

ありました、聡明なタンザニア!

  • 感染対策なし
  • 感染爆発なし
  • 医療崩壊なし

まぁロックダウンやマスクの義務化を行うと、WHOから裏金のオファーが出されていたわけですから、国際的な政治の意味あいの方が強そうです。

聡明なマグフリ大統領が統治しているタンザニアでは、完全に普通の生活が営まれているようです。

この国では感染対策を全くしていないのに、昨年の4月からコロナの感染者が全く発生していないとのことです。コロナ死者や医療崩壊も無し。

 

日本だって考えてみれば、テレビや新聞の情報がなかったらどうでしょうか?

当初の設定であったように、道路で突然バタバタと人が倒れるような場面、どこにあるのでしょうか?

あくまでテレビやマスコミの中だけの、想像上のイベントかもしれませんよ。

 

情報通のイタリア人は、世界各国の新年の様子を集めた。イタリアはロックダウン騒ぎだが、元の生活に戻った国がある

日本(東京)、台湾、マレーシア、ニュージーランド、ベトナム、UAE、ロシア、ブラジル、コロンビア、メキシコ・・

良かったね。気が付かなかったが東京も元の生活に戻ったらしい

このタンザニアの事例があるので、【本当に何もしなかったらそうなる。というシナリオは正しかったよね。ってのもある種 証明はされているとは思う。】も実例があります。

ひろゆきさんなら、「それってあなたの感想ですよね?」という感じでしょうか。

 

これで分かるのは、コロナ脳の原因は頭の良さの問題ではなく、そもそもの情報源の問題と言えるでしょう。

クレバーなひろゆきさんが、早く事実に基づいたいつものキレのある発言をしてくれることをお待ちしています。

 

アンチではないので、ちゃんと宣伝しておきますw



 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • まだコロナウイルスなんて信じてるの?w

  • 武漢肺炎はNGでイギリス株はアリの謎

  • コロナの不正者を追い払うカナダの聖職者!

  • 妊婦を狙え!イスラエル国防軍のTシャツ

関連記事

  • PCR検査を受けた人の最大9割が誤診

  • ペルーもロックダウンなのに感染者増

  • コロナワクチンの評価はないけど予防するという設定

  • 唾液でコロナ陰性でも消化管は陽性の場合も

  • 日本のコロナは10万人に5人www

  • ロシアもコロナに完全勝利!