1. TOP
  2. 桑野一哉
  3. トランプ大統領、バイデンへの政権移行手続きの開始の意味



トランプ大統領、バイデンへの政権移行手続きの開始の意味

ついにトランプ大統領は敗北を認めてバイデン大統領への手続きをはじめたか。
ではなく、担当者がバイデン支持者に脅迫を受けている。
その担当者を守るために、手続きの許可を出しただけ。

 

I want to thank Emily Murphy at GSA for her steadfast dedication and loyalty to our Country. She has been harassed, threatened, and abused – and I do not want to see this happen to her, her family, or employees of GSA. Our case STRONGLY continues, we will keep up the good…

「GSAのエミリー・マーフィーの我が国への強い貢献と忠誠心に感謝したい。彼女は、ハラスメントにあい、脅され、いじめられていたが、彼女や、彼女の家族、GSAの職員にそんなことがおきるのを私は見たくない。我々の訴訟は力強く続いていく。我々は善戦を続け、勝つと信じている。

それでも、我が国の最善の利益を考え、エミリーと彼女のチームが最初のプロトコールに必要なことを行うよう勧告し、私のチームにも同様のことをするよう伝えた」

 

 

トランプ米大統領は23日夜、バイデン次期大統領による政権移行手続きの開始を認めました。担当の一般調達局(GSA)に「必要なことをする」よう促すとツイートしました。

GSA責任者はバイデン氏への手紙を発表。政権移行に必要な連邦政府の設備などを提供すると伝えました。

 

 

Jack砲衝突マークあー口が記号で覆われた顔TRUMP兄貴が23日(月)GSA(一般調達局)のエミリー・マーフィーが元副大統領ジョー・バイデンへの権力移行の最初のステップを開始することを許可した。なぜならマーフィーが「嫌がらせ、脅迫、虐待」を受けていたからだ号泣優しいなー兄貴~。でも大丈夫だからね-曲げた上腕二頭筋偽ニュースに注意を

 

 

GSAのマーフィ長官を脅した証拠映像。我々に逆らえば、この遺体収容袋に家族もろとも入ることになるという意味か。今回のバイデン氏への政権移行手続き開始の裏にはこんな卑劣な脅迫があったことを日本のメディアは一切報じない!

 

 

GSA(一般調達局)のエミリー・マーフィーのオフィスの前で「バイデンを次期大統領と認定しろ」とリフューズファシズム(革命共産党のフロント)の嫌がらせが始まった。 RCPの目標は資本主義のシステムを転覆し全世界を共産化すること。
バイデンを支持しているのは、こういう極左組織である。

 

早く手続きをはじめたいと、この死体袋へ入るのはお前と家族だぞ!って意味でしょうね。

もちろん選挙結果がでていないので移行手続きの必要はありません。

マスコミのフェイクに騙されないようにしましょう♪

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナは終わってるんで過去最多の感染者でもワクチンはNO!

  • オリンピックやったら日本は滅亡するってよ!

  • コロナどころじゃない!?ワクチン死亡者公表をとりやめ!

  • コロナ重症者と見せかけたマネキン使用を正式に謝罪!

関連記事

  • 不正選挙のドミニオンサーバーをら米軍がCIAから奪還

  • 分科会が完全敗北!ワクチンで集団免疫は夢のまた夢・・・

  • 医師会が病床数を増やしたら緊急事態を演出できないのである

  • 【悲惨】45歳以上はクビ!の恐怖!?

  • 「蓮舫」さんの影武者「レンコン」さん

  • 緊急事態宣言解除のリスクはコロナリバウンドw