本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

スペイン最高かよ!ライブで感染拡大なしを証明!

桑野一哉

なんとスペイン、ライブで新型コロナウイルスの観戦拡大の実証実験どころが事実確認!
その結果、ライブで感染拡大は無し!

あの、世界一のスパコンでのシミュレーションみたいな、どうでもいいクソ研究とは次元が違いますよ?
人間を幸せに導く、事実です。

 

でも私はこう思った。
ワクチン接種のためのプロモーションじゃないの?

しかし、

コロナワクチン接種者なし!

ソーシャルディスタンスもなし。

 

つまり、人数減らしてマスクしてればコロナのリスクなし!

そもそもコロナあんのかよ?
マスクがない方がいいんじゃない?
人数制限意味あんの?

とか思うところはありますが、小さいことはおいとこう。
とりあえずエンタメ系のイベントにリスク無し!なんです。

 

でも6人は感染したんじゃないか?と思うコロナ脳の人もいるかもしれません。

この6人、現状の感染率からすると一般生活の半分の感染率!
むしろライブ会場の方が普通の生活より感染しにくいw

だから心配する必要はありません。

 

 

観客5千人のコンサート実験、コロナ陽性は6人 スペイン

観客5千人のコンサート実験、コロナ陽性は6人 スペイン
【4月28日 AFP】スペインのバルセロナ(Barcelona)で先月行われた屋内コンサート実験で、参加した観客5000人のうち、公演後に新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たのは6人だったとの結果が27日、発表された。

 

観客の中に新型コロナウイルスワクチン接種を受けた人はいなかった。観客はFFP2規格のマスクを着用し、混雑を避けるためトイレの定員は制限されたが、席の指定や、ソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)の義務はなかった。パラウは1万7000人を収容できるが、観客数は5000人に制限された。

陽性反応が出た6人のうち4人は、コンサート中に感染したわけではなかったことが確実とみられている。コンサートでの感染対策策定に関わったウイルス学者のボリス・レボロ(Boris Revollo)氏は、残りの2人がコンサートで感染した可能性は完全には否定できないものの、そうでなかった可能性は「非常に高い」と述べた。

バルセロナのジャウマ・コルボニ(Jaume Collboni)副市長は実験結果について、新型ウイルス対策の制限緩和と文化活動の再開が可能であることを示すものだとの見解を示した。(c)AFP

 

スペインで大規模フェスの実験が行われました。
事前にPCR検査陰性の5千人について高性能マスク着用の上でフェスへの参加を認めました。
その後二週間にわたり追跡調査した結果、検査陽性6名でそのうち4名は無関係、フェスでの感染疑いは二名でした。
大規模文化行事の安全性を証明しました。
BBC

 

ライブ会場でコロナ急拡大せず、スペインで陰性者5000人の実験

ライブ会場でコロナ急拡大せず、スペインで陰性者5000人の実験
スペインのバルセロナで、新型コロナウイルスの簡易検査で陰性だった5000人が社会的距離(ソーシャルディスタンス)を取らずにライブコンサートに参加するという実験が行われ、主催者によると、2週間後も感染者の急増は見られなかったという。

実験を担当したジョセップ・マリア・リブレ医師は、コンサートの2週間後に新型コロナが検出された観客はわずか6人だったと指摘。これは過去2週間のバルセロナにおける一般の感染率の約半分に当たり、「感染急増につながるイベントではなかった」とした上で、6人の感染がコンサートで起きた証拠もないと述べた。

 

 

スペインの感染者

スペインて感染収まってるんじゃないの?
なんて思われるかもしれませんが、絶賛ぶり返し中。

少なそうに見えますが、1日で8000人を越えています。
そんな中でこの事実解明をやったのはとても意義があります。

 

どうでもいい飛沫やオナラなどのシミュレーションではなく、事実確認をすれば日本もオは滋養な者でしょう。

なぜこんなかんたんなことをやらないのか?
社会が元に戻ると困る人がいるのかもしれませんね。