1. TOP
  2. ワクチンなしに日常は戻らない

ワクチンなしに日常は戻らない

健康
この記事は約 4 分で読めます。 134 Views

ビル・ゲイツ/ワクチンなしに日常は戻らない

https://news.yahoo.co.jp/articles/c0ffc1187155f9deeaf964f5404286481f1b67ac

 

この文春オンラインの記事、すごいですね。
ワクチンを売るためなら、金はいくらでも出す。
そんな感じでしょうか。

 

 

 人類は、このパンデミックに打ち勝つと私は信じている。

 しかしそれは、人口の大半が予防接種を受けることができてからの話だ。

 

 それまで日常生活は戻らない。屋内退避指示を政府が解除し、ビジネスが再開を果たしたとしても、ウイルスを避けたいという人々の本能はどうしようもない。

 

気になるのはここですよね。「ウイルスを避けたいという人々の本能はどうしようもない」実態などはどうでもいい。精神的に弱ければ、想像のウイルスにでも心を居られてワクチンに頼る。

数千億を投資してもやるべきこととのことですから、弱い者から犠牲になっていくのでしょう。

 

 

ヤフコメ

おもしろいのがヤフコメ。
ビルゲイツの目的が人口削減計画って、もうみんな知っている。

そのためのツールの1つがワクチン。
だから金を投資しても、回収できるからワクチン開発をビジネスにしてるんですよね。

 

数兆円の利益が出れば数千億円を無駄にしても構わないだろうな。

それが投資というものかと。

 

もっとも悪い投資家の1人がビル・ゲイツ。
中国のコロナテロも噛んでるのは間違いない。
コロナの裏で物事が進んでいる。
日本の政治も、世界各国の政治も資産家が動かしている。
みんな気づいてくれ。今回のコロナも戦争も全てビジネスなんだと。

 

ビル・ゲイツの「獣の刻印・666」商業システム

マイクロソフト・テクノロジー・ライセンシングの「量子ドット・タトゥーを使用したワクチン接種デリバリーシステム」とAT&Tの「アドレス指定可能な神経領域ネットワーク間の相互通信」を組み合わせると、他人の思考と行動を支配できるようなる。
この二つの技術の特許は、すでに取得されている。

それが人工知能(AI)である場合は、全人類が、それに紐づけられて精神まで支配されるようになる。

それが新世界秩序(NWO)の「ニューノーマル」の時代なのだ。

それを自発的に受け入れさせようと、第二波、第三波の恐怖が用意されているというわけだ。

 

陰謀論者の言う事なんて今まで馬鹿にしていたけど、今回の騒動で考え方変わった。
ここまであからさまに、ビルゲイツがワクチン推奨しているの見ると、どうしても全人類にワクチン打たせたいのかなと言う結論に達する。8割軽症の病気に、医者でもないビルゲイツが必死になってワクチンワクチンって……。どう考えてもオカシイと思うのが普通でしょう。

 

人口削減の為のワクチン??
まずはチップが入ったワクチンをビルゲイツの家族や官僚から打ってみて下さい! 予防であるなら自ら行ってから言ってください!

※ビルゲイツは過去、ワクチンを自分の家族に打つことは拒否しています。

 

ワクチン治験の副作用がでています!こんなもの強制接種なんかされたら、それこそ体がおかしくなる! そもそもウイルスにワクチンなんて無理!変異が早すぎる。風邪やインフルエンザだってワクチンなんてほぼないに等しい。ビルケイツや製薬会社に騙されないでほしい。

 

さぁ、あなたはどっちの人間かな???

 

 

.

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • スウェーデン

    コロナに勝利したスウェーデン。さっさと元の生活へ戻れた知恵

  • ベルリンの噴水

    ベルリン、検査の拡充とクラスター追跡断念

  • コロナの集団免疫は2021年には期待!

  • ベルギーで感染爆発!

関連記事

  • モントリオール コロナデモ

  • ロンドン

    ロンドンのコロナ対策の結果

  • 都市封鎖したのにオーストラリアは感染拡大で再びロックダウン

  • ワクチン強制接種を呼びかける医師の実態

  • ポーランド大統領がコロナワクチンに反対を表明!

  • イタリアのカップル、キスで罰金5万円!