1. TOP
  2. ビジネス
  3. ウクライナ戦争後に半世紀以上もの資金返済へ・・・


ウクライナ戦争後に半世紀以上もの資金返済へ・・・

 2022/05/31 ビジネス
この記事は約 5 分で読めます。 1 Views

ウクライナ戦争後に半世紀以上もの資金返済へ・・・

アメリカのバイデン大統領は、ウクライナ支援の新たな法案。
提供している武器の提供は、貸与のため返済義務が生じる。
借金はすでに半世紀以上もかかり、長引けばさらに悪化・・・

 

さすが戦争屋のアメリカ、商売が上手い!
そしてウクライナ支援=地獄の期間の延長だったというわけだ。

つまり仕入れ先のアメリカは、戦争が続けば続くほど儲かる。
古い武器を消費することができ、未来の継続収入を得られるのですから。

 

 

返済には半世紀以上かかる模様。

【今週の注目情報】アメリカのウクライナへの武器提供は無償ではなく「貸与」。http://bbs.kyoudoutai.net/blog/2022/05/10569.html?g=220124

アメリカで「武器貸与法」成立 ウクライナへの支援が加速へ

【今週の注目情報】アメリカのウクライナへの武器提供は無償ではなく「貸与」。戦争が終わればウクライナは返済で苦しむ。

http://bbs.kyoudoutai.net/blog/2022/05/10569.html?g=220124

アメリカのウクライナへの武器提供は無償ではなく“貸与”。
アメリカバイデンは「 Lend and Lease 」( 貸与と賃貸 )方式で武器を提供する法案を通した。

つまりウクライナへの武器提供は無償ではなく、返済が必要な借金。

戦争で儲かるのは「軍需産業」。ウクライナには莫大な借金が科せられ、軍需産業が大儲けし、終戦後の復興需要、債務返済と言う名を借りた「掠奪」が行われる。

 

 

アメリカで「武器貸与法」成立 ウクライナへの支援が加速へ

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220510/k10013618411000.html

バイデン大統領が9日、ホワイトハウスで署名し、法律が成立しました。

「武器貸与法」は、第2次世界大戦中にも制定され、ナチス・ドイツと戦うイギリスなどに対して武器や装備を提供し、大きな役割を果たしたとされています。

 

 

日本の支援も、ウクライナの不幸のために使われています。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ウクライナ戦争後に半世紀以上もの資金返済へ・・・

  • ロシア軍は武器と食料あと3日から2か月後・・・

  • 日本は国家として独立させない・ブレジンスキー

  • ワクチンの殺人罪で刑事告発・春日井市議会「末永啓」議員

関連記事

  • 5Gミリ波のターゲットは、日本・韓国・アメリカ

  • 消費ビッグデータによる購買行動分析

  • スウェーデンにはなぜロックダウンが不要だったのか?

  • スウェーデンのGDPも悪くない

  • ホリエモン 四一餃子

  • スペインがベーシックインカム開始!