ロシア侵攻ではなく戦争準備をしていたウクライナ

桑野一哉

ロシア侵攻ではなく戦争準備をしていたウクライナ

続々とデマが明らかになってきた、ロシアのウクライナ侵攻。
なんと地上波でも、ロシアの講堂前からNATOからの援助で武器供給が明らかに!
ナチスは何を攻撃するために武器を購入したのでしょうね?

ウクライナに寄付?するわけない。
なぜ戦争、人殺しの支援をする必要があるんでしょう?

 

 

 

 

さらっとテレビ朝日が「戦争前に」NATOやアメリカがウクライナに武器を大量に送っていたことを暴露してしまう。さらに市民を支援するつもりで募金してもウクライナに募金すると「武器」が届いてしまうシステムになっている。そして潤うのはアメリカの軍需産業。これが”平和”という産業が育たない理由。

 

 

劇場を爆破したのはウクライナ軍・アゾフ連隊
人質を解放したのは口シア軍
「空爆の劇場 なお数百人生き埋めか」の報道の後2時間も経たないウチに死亡者ゼ口の報道
悪意のある意図的な報道だとすぐ理解可能
デルタフォースによってDSが所有の「緊急放送システム」が押収される
https://sinntyounobiruyo.blog.fc2.com/blog-entry-6621.html

 

ウクライナに寄付して戦争を支援しちゃった人、もう二度とだまされないでね!