本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

ワクチン接種証明書アプリのサービス終了

桑野一哉

ワクチン接種証明書アプリのサービス終了

新型コロナワクチン接種証明アプリが2024年3月31日に終了。
そもそも接種しても感染を予防できるわけでもないmRNAワクチン。

接種を証明したところで、無駄な開発コストや手間がかかっただけ。

架空の恐怖と無意味な制限をつくり、社会的な不便によって接種へ誘導させるツール。
コロナ対策のようなバカげた茶番には、2度と従わないようにしましょう。

現在では政府やマスコミの誘導によって、望まぬワクチン接種被害が拡大。
薬害による副反応なのか、免疫力低下で病人が続出。

むしろ接種証明により、接種回数による健康被害が無いのかをチェックしたらどうだろう。ニュージーランドでは、未接種者がもっとも超過死亡がすくなく健康であることもあきらかに。

そういう意味では、コロナ騒動でワクチンを打たせたという事実を忘れさせたいのかもしれませんね。薬害になるのは確実なので、責任問題になりますから。


2024年2月20日:「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」のサービス終了(2024年3月31日)について

国内では接種証明書を必要とする場面は殆どなく、海外渡航時でも接種証明書が必要な国は極めて少ない状況になったことから、2024年3月31日(日)をもって「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」のサービス提供を終了します。多くの国民のみなさまに利用いただき、心より感謝申し上げます。

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」での接種証明書の発行は、2024年3月31日まで可能です。なお、2024年4月以降に海外渡航時等で接種証明書が必要な場合は、市区町村にて紙媒体で発行できます。「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」サービス終了に関する質問と回答(Q&A)も参照ください。
今後の予定は以下のとおりです。

2024年4月1日(月)
接種証明書の発行機能を停止
機能停止バージョン(v1.22.0)を公開
2024年5月7日(火)
アプリストア(App Store、Google Play)から公開終了

 

 

 

 

感染予防効果のないワクチン接種証明書に何の意味があったのか。紙の証明書も要らない。 接触確認アプリCOCOAにしろ、河野が推進してきたものは、全て莫大な税金の無駄だった。 コロナ差別、ワクチン差別に利用されただけだった。