1. TOP
  2. 桑野一哉
  3. ロシアは6月に消滅か!?


ロシアは6月に消滅か!?

 2022/06/23 桑野一哉
この記事は約 6 分で読めます。

ロシアはあと1週間で消滅か!?

6月にロシアはなくなる?と、ミスターサンデーで予言した木村太郎さん。
あと1週間と期限は迫ってきました。

マスコミ報道とはまったく違う現地の状況で、大逆転があるのか?
それとも、ウクライナ定番のデマ?

 

でもこの予想の目的ってなんだったんでしょうね。
ロシアやプーチンが悪!というのなら、日本が武器を提供する理由づけになる。

でも当たれば凄いけど、こんな短期間に検証できる予想ではリスクが大きいはず。
いくら戦争が大好きな日本人でも、外れたら戦争支援のトーンは下がるだけのような。

 

「6月にロシアがなくなる?」木村太郎と4人の専門家が読み解く ウクライナ侵攻“結末のシナリオ” | FNNプライムオンライン https://fnn.jp/articles/-/330992
なくなるわけないじゃん
もちろん、ただで済むとは思わないけど、国そのものがなくなるわけないじゃん🤣

 

 

「6月にロシアはなくなる」木村太郎

木村太郎
『根拠も何もないんだけど』

( ꒪⌓꒪)🌸ちょ、生放送でなに言ってんの
#Mrサンデー #ミスターサンデー

 

 

 

ロシア軍のこの盛大な弾薬の消費ぶりを考えると、4月頃によく出ていた「6月にはロシアには経済と呼べるものはなくなる」とか「6月にはロシア軍は弾薬を使い果たす」とかいう調子の西側の予測は所詮希望的観測、あるいは願望にすぎなかったということになるようだ

 

 

 

あなたは、もう、忘れたかしら?
MSM(Main Stream Media)、
こんなもん。
トップジャーナリストと4人の専門家が言うには。
まだ一週間あるが・・・
*トップジャーナリスト:
1964年に慶應義塾大学法学部卒業(新聞研究所、現メディアコミュニケーション研究所修了)。
NHK時代
1964年NHKに入局後、報道記者として活動。NHK徳島放送局記者、NHK神戸放送局社会部記者(~1969年)、東京本部社会部遊軍記者(1969年~1974年)、パリ支局中東・アフリカ担当(ベイルート駐在、1974 – 1976)、ジュネーヴ支局特派員(1976 – 1978)、東京本部外信部記者(1978 – 1980)、アメリカ総局(ワシントン支局)特派員(1980 – 1982)と主に海外支局特派員を経験する。
1982年からは同局の総合テレビでの看板ニュース「ニュースセンター9時」のメインキャスターを務め人気を博し、1985年8月12日に発生した日本航空123便墜落事故では、ニュース速報直後に通常番組の途中に開始された臨時ニュースを担当した。
1989年4月からはフジテレビ「FNN DATE LINE」、1990年4月からは後番組「FNN NEWSCOM」の総合司会(メインアンカーマン)を務めた。
1994年4月からは「NEWSCOM」の後番組、「ニュースJAPAN」のコメンテーターとして出演。2000年4月からは「FNNスーパーニュース」のコメンテーターとなる。2010年4月より、それまで月~金曜日の全日レギュラーであった「FNNスーパーニュース」への出演を、月~木曜日に変更。7月からは「Mr.サンデー」への出演など。

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ロシアは6月に消滅か!?

  • 障害者も戦地へ!ウクライナ軍登録・入隊の召集令状の非道さ

  • 制裁国を心配し、若者から爆笑をとるプーチン

  • ロシアによるドネツク攻撃というデマ報道を謝罪・ドイツ

関連記事

  • 【バイキング】内藤朝雄教授が見せたプロ以上のプロ意識

  • コロナ復興税で消費税15%へ

  • コロナどこいったん!?2021/04/9のメジャーリーグ

  • 妊婦を狙え!イスラエル国防軍のTシャツ

  • 緊急事態宣言の根拠はないが特措法は実施する

  • 敗戦国・日本人への教育・在日日本システム