本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

コロナウイルス死者とワクチン副反応死の違い

健康

これ、ちょっと前のツイート。

ワクチン接種者の年齢って、ほぼ寿命じゃん。というツイート。
ただこれ、コロナ死者のカウント時からで、そもそもコロナが寿命。
でもワクチン死の場合は、医師がワクチンの影響と認め報告し、厚労省が認めた者がカウントいうインチキカウント。

 

例えば同じ「自殺」だとしても、コロナ死の場合、鬱状態になり自殺した人がPCR検査でただの「陽性」だったってだけで、コロナ死にカウント。

ワクチン接種者の場合は、医師がワクチンと関係ありと判断し、報告し、厚労省が認めた者がカウント。まったく数字の重みが違うんですね。
つまりワクチンの「自殺」の場合、ワクチンの影響で自殺行為を行ったと、医師と厚労省が認めた者だけがカウント。

 

医師が面倒であれば患者の家族なんか丸め込んで放置。報告なんて1円にもならないからね。
厚労省もできるだけ認定はさけたい。だって、ワクチン打ってくれるめでたい人間が減るからね。

 

こういうカラクリをしらないと、コロナワクチン打たれっぞ。