本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

世界一のコロナワクチン接種国イスラエル・旅行勧告がレベルアップ!

桑野一哉

イスラエルはmRNAコロナワクチンの接種率が世界一。
だから感染症のリスクがなく安全である。なんてことはなくて、旅行勧告がレベルアップしてしまうという。

ワクチン接種で渡航するには危険な苦になってしまうとは。
しかしワクチンは常に安全である。(という設定)

 

もっともワクチンを接種すると感染が拡大するのは周知の事実。
でも死者はぜんぜん増えません。

ワクチンの効果と言うことでもいいので、もう”感染者数”というのは無視して言い数字とも言えるでしょうね。

 

CDCがイスラエルへの渡航警戒基準をレベル3へと格上げ。「イスラエルのワク普及は見習う必要があるが、渡航するには危険すぎる」

どうすりゃいいんだよ、おいw

 

The CDC just raised its travel advisory warning to Level 3 for one of the most vaccinated countries in the world—Israel.

“We need to emulate vaccine distribution in Israel…but it’s too dangerous to travel there.”
による英語からの翻訳
CDCは、世界で最も予防接種を受けている国の1つであるイスラエルについて、旅行勧告の警告をレベル3に引き上げました。

「私たちはイスラエルでのワクチン配布をエミュレートする必要があります…しかし、そこに旅行するには危険すぎます。」