1. TOP
  2. 桑野一哉
  3. コロナワクチン強制の場合、副反応は企業が責任を問われることに



コロナワクチン強制の場合、副反応は企業が責任を問われることに

桑野一哉
この記事は約 2 分で読めます。 437 Views

恐怖の殺人兵器コロナワクチンの接種は個人の自由。
でも職場での圧力なんかありますよね。
そういう場合、副反応がでたら雇用主に責任が発生することになるかも。

だとすると、無知な人間がワクチンの接種を勧めることの抑止になりそうですね。
コロナが怖いと騙されて、射ちちたい人だけ打てばいいことですから。

 

ワクチン強要した雇用主が副反応の損害責任を問われる可能性が出現‼️

アメリカの労働安全衛生庁(Occupational Safety and Health Administration; OSHA)は、COVID-19ワクチンの副反応を記録するという雇用主の義務を表明。
雇用主が接種を要求した場合の副反応は「仕事に関連する」と見なされる。

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本人が大量死のナゾ!人口動態統計の超過死亡で明らかに!

  • そこまで多いか副反応死!コロナ死のワクチン接種の公開をとりやめ!

  • ワクチン打て!戦争に行かすのは若者・パックン

  • 2回接種の悲劇!黒崎真音さん緊急手術は成功!

関連記事

  • 緊急事態宣言の人混みは望遠レンズでつくれ♪

  • デンマークが予定通り9月10日でコロナ完全終了♪

  • モデルナ社コロナワクチンの中身を公開!

  • 福井県の杉本達治知事、飲食店は「自宅の延長」

  • AI vs 教科書が読めない子どもたち

  • 緊急事態宣言の根拠はないが特措法は実施する