1. TOP
  2. コロナワクチン強制の場合、副反応は企業が責任を問われることに



コロナワクチン強制の場合、副反応は企業が責任を問われることに

桑野一哉
この記事は約 2 分で読めます。 309 Views

恐怖の殺人兵器コロナワクチンの接種は個人の自由。
でも職場での圧力なんかありますよね。
そういう場合、副反応がでたら雇用主に責任が発生することになるかも。

だとすると、無知な人間がワクチンの接種を勧めることの抑止になりそうですね。
コロナが怖いと騙されて、射ちちたい人だけ打てばいいことですから。

 

ワクチン強要した雇用主が副反応の損害責任を問われる可能性が出現‼️

アメリカの労働安全衛生庁(Occupational Safety and Health Administration; OSHA)は、COVID-19ワクチンの副反応を記録するという雇用主の義務を表明。
雇用主が接種を要求した場合の副反応は「仕事に関連する」と見なされる。

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • イギリス・コロナワクチン接種が8割超えても感染爆発!

  • コロナは政治!イスラエルは政権交代で収束へ

  • 【朗報】フランスで屋外のマスク着用解除

  • カリフォルニア・コロナ死者を25%削減!

関連記事

  • 緊急事態もバレてます♪まん延防止措置の結果

  • イラン

    バイデン候補に8000万人も投票されるわけがない

  • イギリスの8割おじさん、ロックダウン中に密会♪

  • ワクチンに騙されたことに気がついたイスラエル市民!

  • スウェーデン

    コロナ特集でTVタックルに出るもカットされた話

  • ニューヨークでワクチンパスポート開始!