1. TOP
  2. 桑野一哉
  3. 台湾で新型コロナウイルスが感染爆発!



台湾で新型コロナウイルスが感染爆発!

 2021/05/16 桑野一哉
この記事は約 4 分で読めます。 138 Views

まぁ180人て少ない気がするけど、封じ込めに成功したとされる台湾ナだけにパニックは必死ですね。
潔癖とも言える厳しい対策をしていても、ウイルスに勝てるわけがないということでしょう。

死者がいるわけでもなく、いつものようにうまく対応されることを信じています。

 

しかし重要なのは、厳しい罰則をつくってまで管理してもコロナには勝てない。
これを乗り越えてもワンチャンでこの状態になる。

逆に今の日本で感染社が倍になっても、インフルに遠く及ばずパニックもないでしょう。

やはり重要なのは「感染者」ではないと言えると思いますよ。
てか、PCR検査の「陽性」は「感染」じゃないけどね。

 

【速報】台湾、過去最多の+180。映画館、図書館など娯楽施設を閉鎖、マスク義務化

 

台湾はほぼ台北だけで1日180人出た。台北は人口250万だから東京にすると1000人近い。
東京で1日10人くらいからいきなり1000人になったとするとパニックぶりがわかる。

 

台湾は本日の感染者数は昨日の180人よりさらに増える見込みだそうです。
外はこんな感じで誰もいないみたいです。

 

台湾!!!!!

❌コロナに勝った国

⭕️海外からの感染が広がらないように入国者を二週間の強制隔離したり国民のマスク義務化したりルール違反すると罰金を取られてこの一年間必死に頑張ってた国

 

忘れてならないのは台湾は2019年中から武漢からの防疫体制をとり、プライバシー無視の強権的政策をとっていた為、2020年4月から250日間、国内発生がゼロという圧倒的実績にもかかわらずこの2日間で国内累計の数倍となる約400名が発生しゼロコロナ政策が振出に戻ったという事実

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2022年ワクチン流行語大賞ノミネート作品

  • あっぱれ宮沢先生!TVタックルのデマに気づけましたか?

  • 日本の子どもが処刑対象・5~11歳向けワクチンを特別承認

  • もう騙すの無理!まん防・自粛もイラナイYO!

関連記事

  • 【爆笑】”コロナは概念”片岡ジョージさんセミナー

  • ペルーの厳しいロックダウンのツケ

  • 緊急事態宣言ごっこはもういいよ。

  • オーストラリア、ロックダウン失敗でコロナ辞めるってよ!

  • いいぞ産経新聞、中共のウイグル問題を一面へ!

  • 感染症対策などは無意味。歴史から学ぶウイルス対策