1. TOP
  2. 桑野一哉
  3. コロナ茶番も倒す王者、ブライスミッチェル!



コロナ茶番も倒す王者、ブライスミッチェル!

桑野一哉
この記事は約 2 分で読めます。 262 Views

アメリカの格闘家、ブライス・ミッチェル。
相性は、サグ・ナスティー (Thug Nasty)。翻訳してみたら「凶悪な凶悪犯」。それにしてはまったくに使わしくない発言ですね。

アメリカの格闘家とは恐れ入ります。
本当に強い男は、コロナなんかに騙されないんです。
おっと、男女は関係ありません♪

 

日本ではタブーでも、アメリカでは子どもを守ることは強者の義務なのかもしれませんね。
しかもマスクの非科学性、コロナの茶番も調べられています。
さらに政治的な発言までとは、恐れ入ります。

 

マスクがそんなに有効なら、なぜ私がマスクしているかを気にするんですか?
自分はマスクをしているんでしょう?
心配する必要はないでしょう?
そんなに効果があるのなら。

私が持っているかどうかなど、マスクをしたいなら自分のことを気にすればいい。

そうですよね?具合が悪いなら家にいたらいいんです。
病気なら家で休めばいいんです。
私がいいたいのはそれだけですよ。

 

いや、マスクは無症状でも他人に感染させないために・・・
その根拠ってあるの?

もしマスクに効果があるなら、逆にでもつけて自分に飛沫がつかないようにすればいいでしょ?
マスクに効果があるならば。

なんで人には感染させないのに、自分は感染するんでしょう?
理由を述べられる人がいたら教えて欲しいです。

 

「サグ・ナスティ」ブライス・ミッチェル

勝利後の素晴らしいスピーチ
「子供にマスクをさせるな」

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナワクチンが効かない変異株、デルタ株とは?

  • 目覚めてる庶民(自頭2.0)さんの新型コロナウイルスまとめ

  • 医療崩壊寸前の肥料ひっ迫を一瞬で解決する方法w

  • コロナの根拠のない煽り報道を謝罪!ドイツ新聞社「Bild」

関連記事

  • 台湾で新型コロナウイルスが感染爆発!

  • 東急電鉄の炎上商法?車内での化粧マナーCM

  • マスクの重要性を国民に教育するロシアの画期的な方法!

  • オランダのアムステルダムでロックダウンに対するデモ

  • コロナパンデミック詐欺対策法も期待しています♪

  • 医師会が病床数を増やしたら緊急事態を演出できないのである