1. TOP
  2. コロナの捏造に騙された日本人の1年



コロナの捏造に騙された日本人の1年

健康
この記事は約 2 分で読めます。 62 Views

日本人はなぜ「テレビや世間の空気が作った死生観」を真に受けるのか(現代ビジネス)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b8391a477aa46079db12ab8c5fc088d489ca199

私が現場を取材するとしたら、「生命至上主義は正しいのか」ということが最大の関心事になる。

「コロナだけは特別視」という社会のニーズがテレビ報道に反映されていることが伺える。今の世の中では、癌、脳梗塞、脳卒中、肺炎球菌性肺炎、鬱病に伴う自殺などはほとんど気にされない。

 

従来の患者がクラスター発生で転院を余儀なくされる。
救急でもPCR検査の必要性(無意味な)から治療の遅れ。

見舞いの禁止により人生の最後を孤独死とかわりなく終えるお年寄り。
最後の死に目にも会えずに、物として処分された葬式。

新型コロナウイルス、本当にこのような措置は必要なのでしょうか?

 

人は必ず亡くなるのに、絶対に死んではいけないという歪んだ生死観。
その歪みを利用してビジネスにするマスコミ。
その中において、自ら律するような記事。

さすがに証拠が集まりすぎて、コロナのウソに気づいた国民も増えてきました。
死の恐怖、感染の不安などの心理学を悪用したフェイパンデミックを冷静に考える必要があるでしょうね。

 

SNSでも医療ビジネスに関わり利益に直結する専門家は、コロナは怖くてワクチンしかない!という論調。

それでもこういう記事を掲載するのは、良心が残っていると言うことでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新ニュルンベルク裁判2021でコロナのウソを暴く!

  • 歯医者で感染クラスターが発生しない理由

  • コロナ対策がおかしいのは営利目的の犯罪だから

  • 医療崩壊どころか医療病床使用率はむしろ低下していた!

関連記事

  • 治外法権を作り出せるオーストラリアの楽しい法律♪

  • 南アフリカ

    南アフリカは集団免疫を獲得したなら渋谷ハロウィンも期待できる♪

  • しょぼいコロナで縮こまって生存しないために

  • 痛くないよ~とコロナワクチンの営業に励むセールスマン

  • フランスでは2020年の7月にはコロナが茶番だと気づく人多し

  • 日経さん、コロナ脳脱却を期待してますよ!