1. TOP
  2. 桑野一哉
  3. ホワイトハウスが永久閉鎖!?



ホワイトハウスが永久閉鎖!?

桑野一哉
この記事は約 4 分で読めます。 568 Views

ホワイトハウスの大統領執務室が、グーグルマップで閉鎖になってるとか。でも日本から見ると通常なんですよね。
てかオーナー募集中?w
まぁ政府がマイビジネス登録しないか。

 

 

ホワイトハウスの大統領執務室が「永久に閉鎖された」とグーグルマップで表示されてる

アメリカ国旗The Oval Office→Permanently Closed

実際に大統領執務室に電話した人も「永久に閉鎖された」と録音でも言ってると

バイデンは、いったいどこのホワイトハウスの大統領執務室で大統領令に署名してるんだ?

アメリカの南部に在住のアメリカ企業に勤務されている方と色々と話しましたが、今のアメリカは言論統制や検閲が酷いですね。

ホワイトハウスが永久閉鎖された事もアメリカでは知らされていなく、また動画も次々と削除されているそうです。

ホワイトハウスに実際に電話したら、閉鎖されているとの留守電音声が流れますよと教えてあげたら「えっ、ええええ!?」と驚いていました。

それ程に知らされていないという事です。デマを流す人は逮捕されるので、今は皆が黙っているとの事でした。

私は、
「デマと言われている内容が実は事実です。」
と述べました。

企業も生き残る為に黙って従っているそうです。
ホワイトハウスが永久閉鎖になっているのですから
バイデンが大統領令を出せることが不自然で、
既存メディアがそれを隠して垂れ流しているために
企業も人々もそれを信じて行動してしまうのだ、
と私はその方に述べました。

アメリカ国内南部在住のアメリカ企業勤務の方によれば、バイデンの大統領令が出たとされてトランプ大統領が建設中だったメキシコ国境の壁は建設中止になり、ユタ州やコロラドのマリファナ
が合法とされているエリアには早速、マフィアが流れ込んで来ているそうです。

皆、今はトランプ大統領の事を口にできないそうです。
私はその方に色々と資料を送信して様々な事実を知らせてあげました。

バイデン政権(虚偽)の愚かさを皆が嫌と言う程に実感するでしょう、と私は伝えました。
アメリカが激しい言論統制や検閲をするのは、それだけ都合が悪いからです。
正当性があれば何も言論統制する恐れもないですし、検閲する必要もない筈です。
やましさがあり、不正に立脚しているからこそ言論統制や検閲が激しいのです。
ちなみに佐野美代子氏によれば、フリン将軍が公表した内容として2月には中国共産党が解体されるとのことです。

それが事実である事を願いたいですね。

ホワイトハウスは永久閉鎖、ワシントンD.Cは封鎖中、既存メディアが嘘を垂れ流す中で今本当は何が起きているのかを感性を研ぎ澄まして見つめたいですね。

 

 

電話した人もいるらしいけど、電話番号がわからん・・・
まぁ案内が流れても何言ってるかわからないけど。しょぼ!

 

本当なら、凄い事だけど……

日本のマスコミは、調べようとしないのか?
ジャーナリズムとか、今後使って欲しくない!

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナワクチン接種で突然死は、新規感染者どころじゃない!

  • タイでもマスクとワクチンでコロナ感染者急増!

  • コロナワクチンはつべこべ言わずにとにかく打て!

  • コロナは情弱の病!恐がりどころがない数字で考える新型コロナウイルスの

関連記事

  • プリオン病・狂牛病は大丈夫か?コロナワクチン接種による神経障害

  • コロナ対策がおかしいのは営利目的の犯罪だから

  • スペイン最高かよ!ライブで感染拡大なしを証明!

  • 医師会の中川会長が教えるコロナのホントの話♪

  • 交通機関などでのマスク着用義務化を禁止する法案を提出

  • オランダのアムステルダムでロックダウンに対するデモ