1. TOP
  2. インドも集団免疫獲得でコロナの勝ち組に!



インドも集団免疫獲得でコロナの勝ち組に!

桑野一哉
この記事は約 3 分で読めます。 110 Views

インドは自然免疫を獲得して、結果的にコロナ勝利国へ仲間入り。
ワクチン接種を避けられたと言うだけで、勝ち組と言っていいでしょうね。

ロックダウンなどの浅はかな感染症対策は無意味で、結局は人の免疫力とい宝を紙が授けていたという歴史通りの結論に。

 

インドでは、国民の大部分が自然免疫を獲得し、総人口のワクチン接種は有害

・ワクチンがあるのに英米は延々とロックダウンをして人々の人生を台無しにして貧困にしたのに効果無し。悪い見本である
・自然免疫は効果が高く、永続するという科学的なエビデンスがある

インドは結論にたどりついたかな

 

インドの情勢通の人によると、ラージャスターン州では人口が7クロー(Cr.)もいるのに、コロナ患者が500人しか残っていなくて、残った人も直ぐに退院する見込み。インドは明らかなコロナの勝ち組だ

クロー(Crone)の意味が分からなく調べたところ、インド英語で1000万との意味だった。一つ勉強になった

 

インドではマスクを着用してない人が増えてきた。

コロナが飛沫で感染するらしいとの情報を得たインドの青年は、有症状者のふりをしてマスクを着用し、霧吹きを用意し、街の人に飛沫を振りかけるいたずらをしてみた。

何人かに飛沫を吹きかけてみたが、もう誰もも怖がってくれないようだ。

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新ニュルンベルク裁判2021でコロナのウソを暴く!

  • 歯医者で感染クラスターが発生しない理由

  • コロナ対策がおかしいのは営利目的の犯罪だから

  • 医療崩壊どころか医療病床使用率はむしろ低下していた!

関連記事

  • ドミニオンの技術者がUSBでデータ操作?

  • ワクチンとグレートリセット・ヴィガノ大司教

  • エストニアのド低脳なマスク警察

  • 大阪の社会を止める根拠www

  • コロナ茶番で教育崩壊を防ぐ活動をするモスクワ民

  • NO IMAGE

    iPhone7