1. TOP
  2. 日本は何を失敗?コロナ対策が似ているのに妊娠出産では明暗を分けた国



日本は何を失敗?コロナ対策が似ているのに妊娠出産では明暗を分けた国

健康
この記事は約 4 分で読めます。 18 Views

日本とスウェーデンはかなりコロナ対策が似ている国。

ただマスク着用義務がないのに、差別や嫌がらせなどによってマスク着用が当たり前となった日本の出生率は悲惨なことに。

 

 

日本だけを考えればそりゃぁコロナ禍ですから・・・
と思いきや、スウェーデンでは逆の結果に。

 

スウェーデンは妊娠増!

スウェーデンのJönköpingでは、例年より遥かに多い妊娠が報告されている。パンデミックで、妊娠は減少すると考えられていたので、予想外と。 できるactivityが少なくなったので、家庭で距離が縮まったのかと解説。

 

 

なんと妊娠が増えてるんですね!!
ロックダウンなし、マスク着用義務なしと似たような対策をした国なのに。

コロナだから・・・ というのは日本だけの痛恨のミスのようですね。

不安を煽られ過剰な自粛によって経済が深刻なダメージ。
結果的に妊娠どころではないのが日本です。

 

子どももピンチ

ユニセフは、ロックダウン等が今後6ヵ月の間に120万人の子供達を殺す可能性があると分析した。 ・コロナ自体の子供に対する直接的な影響はほとんどないが、貧困、治療の混乱が命を奪う ・感染対策は、害の方が大きくなる可能性有

 

 

すでに元の生活に戻ったスウェーデン

スウェーデンは、今では欧州で最も死亡率の低い国となった。ロックダウンもマスクも超過死亡も社会不安も無し。経済の被害も欧州でも北欧でも最小。

 

 

コロナのデマに対して訴訟

経済をしっかり維持し、社会を元の生活に戻すことに成功したスウェーデン。
なんとコロナのデマに対しても訴訟!

 

世界医師連盟 スウェーデンの医師、Dr.ミカエル・ノートフォース 「このデマの背後にいる全ての犯罪者に対し訴訟を起こします」

 

 

コロナのデマに気づき、科学的根拠に基づいたスウェーデン。
同じようなコロナ対策だったのにフェイクに騙される日本。

未来である出生率という形で深刻な明暗が分かれそうです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • その後のアメリカ大統領選挙の不正選挙疑惑

  • トランプ大統領「今までで最も重要なスピーチかもしれない」

  • CNNトランプ大統領を退陣させるフェイクニュースの内部告発!

  • スニーカーのナイキの人種差別問題が発覚!

関連記事

  • マスク着用社会の通過点・2020年9月版

  • https://news.yahoo.co.jp/articles/31343b54d7c1fca82e5d498ada15cd0c8a03d6d5

    フェースシールド2日で断念「息苦しい」

  • モントリオール コロナデモ

  • ペルーもロックダウンなのに感染者増

  • フランス

    フランス、マスクの義務化、罰金導入後に感染者が急増した理由は?

  • 新型コロナウイルス死者の平均年齢