1. TOP
  2. 拘束飼育



拘束飼育

桑野一哉
この記事は約 1 分で読めます。 19 Views

拘束飼育による豚肉の確保。
このような残虐な行為のおかげで、安い肉が流通する。

肉を食べるな!とはいわない。
でも最低限の敬意は必要。

 

安い肉を作るためには抗生物質やホルモン剤を使う非必要もある。
それは安い肉を食べた人間の体内に入ることになる。

コロナの数少ない功績は、自然の摂理に版下業界にペナルティをくだしたことだろうね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • まだコロナウイルスなんて信じてるの?w

  • 武漢肺炎はNGでイギリス株はアリの謎

  • コロナの不正者を追い払うカナダの聖職者!

  • 妊婦を狙え!イスラエル国防軍のTシャツ

関連記事

  • コロナに騙され、子どもと女性が死んでいく国・日本

  • 泉佐野市のふるさと納税

    泉佐野市はふるさと納税のお手本である。

  • ミャンマー国軍、ソロス財団の口座凍結!

  • 全市民を対象としたPCR検査www

  • バフェットがファイザー株をすべて売却!

  • 中共がアメリカの支配を狙っているという陰謀論