1. TOP
  2. 拘束飼育



拘束飼育

桑野一哉
この記事は約 1 分で読めます。 15 Views

拘束飼育による豚肉の確保。
このような残虐な行為のおかげで、安い肉が流通する。

肉を食べるな!とはいわない。
でも最低限の敬意は必要。

 

安い肉を作るためには抗生物質やホルモン剤を使う非必要もある。
それは安い肉を食べた人間の体内に入ることになる。

コロナの数少ない功績は、自然の摂理に版下業界にペナルティをくだしたことだろうね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ゲッターズ飯田さんの偶数奇数がわからない問題

  • 医療崩壊なんてあるわけない・東京慈恵会医科大学教授

  • コロナ茶番に気づいた賢いイタリアの飲食店

  • ボリビアでマスクの洗脳から解かれた賢い人々

関連記事

  • 「蓮舫」さんの影武者「レンコン」さん

  • リンウッド弁護士

    リンウッド弁護士・正義の剣をもつと言われるトランプ三銃士の1人

  • 宝くじ

    宝くじで1,700億円が当選!アメリカで単独での史上最高額♪

  • NO IMAGE

    大坂なおみ 差別発言

  • NO IMAGE

    決定的瞬間を見つけるプロの視点

  • 飲食店 店員

    「少々おまちください」と言われないコミュニケーション能力。