1. TOP
  2. 桑野一哉
  3. 拘束飼育



拘束飼育

桑野一哉
この記事は約 1 分で読めます。 34 Views

拘束飼育による豚肉の確保。
このような残虐な行為のおかげで、安い肉が流通する。

肉を食べるな!とはいわない。
でも最低限の敬意は必要。

 

安い肉を作るためには抗生物質やホルモン剤を使う非必要もある。
それは安い肉を食べた人間の体内に入ることになる。

コロナの数少ない功績は、自然の摂理に版下業界にペナルティをくだしたことだろうね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナは終わってるんで過去最多の感染者でもワクチンはNO!

  • オリンピックやったら日本は滅亡するってよ!

  • コロナどころじゃない!?ワクチン死亡者公表をとりやめ!

  • コロナ重症者と見せかけたマネキン使用を正式に謝罪!

関連記事

  • コロナ重症者が車を運転?ワクチンの副反応ですよね?

  • 医療崩壊のため?病床を減らすと交付金!

  • 効率よく反省させると犯罪者に

  • 根拠すべてナシだった!「コロナウイルスの存在」、「PCR検査でコロナ検出」、「陽性者が感染者」

  • コロナワクチン有効率95%は数字のトリック!

  • アメリカ大統領選挙の不正をチェックできるよ!