1. TOP
  2. 桑野一哉
  3. 拘束飼育



拘束飼育

桑野一哉
この記事は約 1 分で読めます。 41 Views

拘束飼育による豚肉の確保。
このような残虐な行為のおかげで、安い肉が流通する。

肉を食べるな!とはいわない。
でも最低限の敬意は必要。

 

安い肉を作るためには抗生物質やホルモン剤を使う非必要もある。
それは安い肉を食べた人間の体内に入ることになる。

コロナの数少ない功績は、自然の摂理に版下業界にペナルティをくだしたことだろうね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 宇都宮線でのホストによる高校生への暴行事件も見て見ぬフリ

  • 岸田首相・グレートリセット言っちゃってるしw

  • 2022年ワクチン流行語大賞ノミネート作品

  • あっぱれ宮沢先生!TVタックルのデマに気づけましたか?

関連記事

  • 萩生田文科相、秘書と5人で「洋食ビールディナー」全然OK!

  • 池袋母子死亡事故の会見

  • オリンピックで感染爆発はコロナじゃなくてPCR検査じゃん

  • あなたの脳も検索エンジン、うまくいく脳の使い方♪

  • 160人態勢の捜索隊で見つからないのに、たった20分でこどもを発見した70代

  • トランプ大統領、逆転の可能性と重要発言4つのポイント!