1. TOP
  2. 医療崩壊を助けた隠れた協力者

医療崩壊を助けた隠れた協力者

健康
この記事は約 2 分で読めます。 18 Views
コロナ病床率

まだわからない・・・
 
とはいえ、
新型コロナなんてしょせんは「腹上死」を超えた程度でしかありません。
 
日本はしっかりと医療崩壊もせず、踏ん張っているんですね。
 
対策病床使用率 → 52%
※東京は90%以上だったらしいけど。
参考値とはいえ、約半分の余裕。
 

これも軽傷者をうかつに入院させないように、いろいろな人が協力した結果です。

・無意味であるPCR検査を控えさせた人
・不安な人を納得させた、保健所の方
・的確に診断し患者を接した、医療従事者
 

そして忘れてはならないのが、
軽症の症状はあるけど検査を拒否された人。
 
ゴネれば軽症でも検査できたかもしれません。
でもそれで検査人はウイルスの脅威にさらされる。

 
陽性がでればベッドは埋まり、医療崩壊が一歩進みます。
 
「ちっ!」なんて思いつつもPCR検査をあきらめたからこそ、ベッドが空いたのです。
 
ベッド1つはベッドが1つだけではありません。
担当する看護師、医師が必要になります。
これは医療リソースそのものです。
 
 
いやもっと軽くて「コロナ?」なんて思ったけど、まぁ寝て治すか。的に自宅で回復しちゃった人。すごい人助けですよ。
 
またコロナじゃなくても、何かの抗体を作って免疫力がバージョンアップしたのは確実です。
 
 
とにかく医療崩壊を防いでいるのは、ワイドショーのデマにひっかかって「PCR検査をやれ!」と言ってる人。以外の人です。
 
ありがとう!

ワイドショーに釣られてPCR検査ができなくて不安にさせられた人。でもあきらめた方は、医療崩壊を助けた隠れた協力者でもあるんですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

コロナ病床率

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ひとり10万円公約で当選!でもあげるわけじゃない。小田原市長の守屋輝彦さん。

  • NASAのフェイク動画・ネズミ編

  • 『猫からの感染が怖いから駆除しろ』という精神的な病

  • 東京都には売れる資産が山ほどある

関連記事

  • PCR検査の開発者の警告

  • マドンナ コロナ陽性

  • 動物病院 密

  • https://indeep.jp/sweden-has-completely-won-against-2020-pandemic/

    スウェーデンの何もしない対策が成功な理由

  • ドイツ勝利!コロナワクチン強制摂取法案却下

  • トランプ大統領・新型コロナにワクチン不要