PR

山中伸弥 教授 行政と組んで「コロナワクチンは感染を防ぐ」

山中伸弥 教授 行政と組んで「コロナワクチンは感染を防ぐ」 健康

 

山中伸弥 教授 行政と組んで「コロナワクチンは感染を防ぐ」

コロナワクチンは感染を防ぐと、接種を進めていた山中教授。
得体の知れないコロナ、8割打たないと困ってる人がいる。
さて、行政と専門家が言うデマとは、どのことでしょう?

もっとも山中教授は専門外でも科学者。
ご自身の発言の真偽はわかっていたことでしょう。

マスコミ、行政、専門家。
何も考えずに、これらの指示に従うことの愚かさ。

 

2021年9月の動画だそうですから、2年程度で検証できましたね。
騙された方は、二度と騙されない人生を送りましょう。

 

 

山中伸弥氏
「ワクチン接種の副反応は数日で『必ず治る』。ワクチンを打つと将来何か起こるんじゃないか…それは根拠のないデマです」

将来何かではなく、既にたくさんの方がワクチン接種後に死亡しました。あなたが「周りの人のためにワクチン接種を」と推めた若者も含め。

今、何をお感じですか?

 

 

 

京都市は中、高から一斉メールで山中教授の動画付きワクチン勧奨メールが送られてきましたよ😑

 

 

 

 

国民の8割がワクチン接種したら
社会全体の感染が減ると
京都大学の山中教授が京都市公式動画で仰っていたが

現実では、ワクチン打てば打つほど
社会全体の感染が増えている

⇩厚生労働省のデータより
https://mhlw.go.jp/content/10601000/000917854.pdf

 

 

京都大学iPS細胞研究所 山中伸弥所長からのメッセージ