本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

東京ウイルスは死率50%!2023年の秋にバラまかれる?

東京ウイルスは死率50%!2023年の秋にバラまかれる? 桑野一哉

東京ウイルスは死率50%!2023年の秋にバラまかれる?

超陰謀論だよね、致死率50%の東京ウイルスって。
感染経路が水道ってもうウイルスじゃないでしょw

世界で予定されてるけど、拒否する国が多いのでは?
唯一7回目のワクチンを打つ日本だけになりそう。

もしウイルス的な何かをバラまくならば、仕掛けた側にもリスクがある。
上下水道ならば、水で暴露することになるのでないでしょうね。

それに感染対策としても、水を飲むな触れるなは不可能。
なのでフェイクの感染経路をつくって、大勢の人を騙すつもりでしょう。

 

あなたの体調不良や突然死は、水による東京ウイルスですよと。
でも実際は別の方法で仕掛けるのでしょう。

もちろん7回目は日本だけなので、XBBワクチンでしょうね。
レプリコンなので感染爆発のリスクは高いですし。

でももし本当に東京限定ならば、接種者に対して5Gのような兵器かも。
どちらにしても、もうすぐ。しかもこの日本で確認できますね・・・

 

 

 

日本人に殺傷力が高い

2023年の秋から冬にかけて東京に持ち込まれるウイルスは致死率50%でDNA的に日本人に殺傷力が高いものが設計されているまた今度のウイルスは新型コロナと違って、胃腸にダメージを与えるこのウイルスは、すでに内々で「東京ウイルス」と名前が付けられている。東京ウイルスの感染経路は上下水道である

 

 

 

 

どうかな。ただまた焼け野原にされてリセットする計画はそうなんだろうと思う。リセットするにあたって強行的に法律も用意されつつあるし。
この出所は原田武夫らしいが彼は新コロも遠回しに予告してたからな。

東京ウイルス、首都直下型地震、富士山噴火|中村 篤史/

 

 

 

 

次のパンデミックに備えよ

主流メディア、ビル・ゲイツ、ジョー・バイデン、アンソニー・ファウチ、世界保健機関、WEF、グローバリストとそのソーシャルメディア宣伝活動家たちは、1分以上にわたって全く同じメッセージをオウム返しにしている。 「次のパンデミックに備えよ」と。

 

 

 

 

ウイルスは4種類

🦠2023年後半、致死性の新型 #インフルエンザ が世界に4種類発生する。世界保健機関(WHO)が報告した。

WHOの専門家によると、これらの新型インフルエンザは #新型コロナウイルス(COVID-19)より重症化し、危険であるという。

 

 

 

 

新たなワクチンのため?

彼は正常ですか?

「次のパンデミックは必ず起きる。¨何かは分からないけど¨。人々を守るために、ワクチンの急造が必要だ」

 

 

 

 

及川幸久さんが次のパンデミックの事を詳しく解説してくださってます。
必ず来ると思う私は。
ほーんと、迷惑な話だ🔥🔥🔥
#MAGA
2023.8.30【米国】バイデンが今年秋に新しいブースター接種を全米国人に推奨【及川幸久−BREAKING−】 https://youtu.be/Lw8IbEc0vsw?si=L5zQyWTs05H21bhH
@YouTubeより