1. TOP
  2. イングランドのコロナ患者の増やし方♪



イングランドのコロナ患者の増やし方♪

健康
この記事は約 3 分で読めます。 64 Views

イングランドに限らず、このPCR検査?で「陽性」なだけで患者扱い、医療逼迫というマッチポンプは意図があってやってるんでしょうね。

ただただテレビを見てるだけだと、絶望的になったりしないんですかね。まぁ精神的な症状で悩む人は増えるでしょうけど。

 

イングランドのデータでは
・入院患者は例年と比較して増えていない(左上)
・コロナとは別の理由で入院したのに、コロナ検査を受けコロナ患者とされてしまう(左下)
・第1波と比較して第2波は超過死亡、病院での死亡は比較にならないほど少ない(右)
そうなのです

 

とにかくワクチン

世界中でなりふりかまわず非人道的なワクチン接種が進んでいますね。グレートリセットに焦りを感じているのでしょうか。

イタリアでは健康な若者にとってはほぼ安全なワクチンをコロナから回復済で免疫を保有している108才の高齢者に接種した

なぜか世界の人々から罵声が飛んだ:
「犯罪行為だ」
「殺される」
「可哀そう」
「感染済の人に接種するのは倫理的におかしい」
「科学を無視している」
「専門家は馬鹿だ」

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新ニュルンベルク裁判2021でコロナのウソを暴く!

  • 歯医者で感染クラスターが発生しない理由

  • コロナ対策がおかしいのは営利目的の犯罪だから

  • 医療崩壊どころか医療病床使用率はむしろ低下していた!

関連記事

  • コロナから国民を守ったタンザニアのマグフリ大統領が死去

  • ロックダウンは労働者に対する非道な攻撃 ハーバード大学の医学部教授

  • 職場の打ち合わせでマスクしてたのに感染!

  • 1972年にWHOによるワクチン殺害計画を暴露!

  • mRNAワクチンを接種すると5年以内に・・・

  • コロナブームのいわばディレクター!クリスチャンドロステン