1. TOP
  2. 「陽性率」なんてどーでもいい。

「陽性率」なんてどーでもいい。

健康
この記事は約 2 分で読めます。 21 Views

「陽性率」なんてどーでもいい。
トーシロですら理解できるPCR。
 

PCR検査では、
・精度は約70%
・検査者のスキル、部位によって結果がかわる
・陽性でもコロナウイルスかどうかはわからない
という致命的な欠点があることは、OKですね?
 


この前提知識を理解していないと、
日本はPCR検査が足りない!というわけわかめな結論に至ってしまうわけです。
 
これを踏まえて、さて昭和の日、2020/04/29です。
 
 
グラフでは1日まえの28日がわかりやすいですね。
「PCR検査人数」が、ガツン!と多い日です。
 
検査人数が多いのですから、比例して感染者数、入院者数も増えます。
 


増え、あれ?
 
検査が半分以下の29日と倍以上の28日。
感染者数、あまりかわらないじゃん・・・
 
つまり「陽性率」なんて、誰を調べるか?
で決まってしまうわけです。
 
「陽性率」が上がった!下がった!って、
倍も違ってしまっては、データとしては破綻していますよね?
 
だから日本の「陽性率」なんて意味なし、です。
※韓国くらい一斉にやれば、意味ありですが。
 
 
で、「感染者数」の1つ上は「患者数」ですね。
感染してるけど症状があるわけです。 

なんと!検査数が半分以下の29日の方が多いのです。
「検査数」の無意味さ・・・
 
しかし「患者数」の1つ上、「重傷者数」は28日が5人、29日が1人と28日の方が多いのです。
 
つまりもう、PCR検査の検査数は指標としてはまったく意味をなしていないわけですね。

 
あらためて、
「PCR検査の検査数」は意味がない。
ということがわかるでしょう。
 
無駄なコストなだけで、意味ないから。
 
まじで。
 
このくらいは私のようなズブの素人でも分かる話です。

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ひとり10万円公約で当選!でもあげるわけじゃない。小田原市長の守屋輝彦さん。

  • NASAのフェイク動画・ネズミ編

  • 『猫からの感染が怖いから駆除しろ』という精神的な病

  • 東京都には売れる資産が山ほどある

関連記事

  • コロナに負ける人

  • スペイン ビーチに漂白剤

  • タイは未だにお店とかマスクしないと入店できないらしい

  • コロナ病床率

    医療崩壊を助けた隠れた協力者

  • 自粛警察 精神状態

  • https://news.yahoo.co.jp/articles/31343b54d7c1fca82e5d498ada15cd0c8a03d6d5

    フェースシールド2日で断念「息苦しい」