1. TOP
  2. 1972年にWHOによるワクチン殺害計画を暴露!



1972年にWHOによるワクチン殺害計画を暴露!

健康
この記事は約 2 分で読めます。 203 Views

陰謀論的な話ですが、コロナワクチンの接種を考えると笑い話ではないですね。作り出したパンデミックに緊急事態宣言。

そして異常なワクチンキャンペーンの真の狙いは・・・

 

最初のワクチンを使用して免疫システムを弱める。
2番目に生きたウイルスを体内に注入。

スクアレンとナガラーゼを使用してサイトカインストームを作成することによって人々を殺すというまさにそのような意図的な長期計画がなされているそうですよ。

 

WHOの1972年のメモで、いかにワクチンを使って人を殺めるかが書かれています。

一本目で自己免疫システムを崩壊させたところで、2本目で毒性物質を入れ、3本目で免疫暴走、サーカインストームを起させ死に至らしめる。

日本語訳も読めます。
メモの原本もリンクあり。

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 台湾で新型コロナウイルスが感染爆発!

  • カナダ、オランダもコロナ脳は終了♪

  • さすが一流芸能人!GACKTさんがコロナの茶番を暴露!

  • 若者が高齢者に感染させるというのはデマだった!

関連記事

  • スウェーデン

    コロナ対策にスウェーデン方式を取り入れた国々

  • ベルリンの噴水

    ベルリン、検査の拡充とクラスター追跡断念

  • コロナ重症者病床に1床1500万円補助

  • 中高生の自殺が8月倍増

  • コロナウィルスの特許

  • ワクチンで証明!日本はチャレンジャーが集まる国だった!