1. TOP
  2. コロナすら踏み台にできる人、沈む人

コロナすら踏み台にできる人、沈む人

ステマ(やらせ)
この記事は約 2 分で読めます。 13 Views

ふと、具体的には若い連中にまかせる!というのがあって、これって、今のコロナでの結果にもすごく関係が強いように感じるのね。
 
結論から言うと、「人に任せられる人はコロナにも強い」と思ったわけです。
 
まぁ国までオンラインで!なんて言うようになると全員テレワーク!とはならなくてもかなりネットに移行しちゃう。
 
こんな時に経営者がネットに熟知してるか?といえばそれはちょっと難しい。今できてても来月には新しいものがでてるしね。
 
でも対応できる経営者を見ていると、ざっくり「ネット」は視野にいれつつも「細部は依頼する」という選択をとってたりします。
 
トップとしては、おおまかにはわかってる。でも具体的には詳しい人にやらせる。ホリエモンも、プログラムくらいは組めるけど、もっと上手い人に頼むと言ってるんですよね。
 
 
逆にコロナで苦戦してるのは、なんでも自分でやろうとしてる人。※あくまでごく少数のまわりの感想だけど。
 
今になって「ネットやらないとヤバイ!」と自分ががんばっても、反応でるのは半年後ですよ。コロナ終わってますよ。
 
いやまだそれならいいのかも。未だにネット無視だともう平成の常識が通用しない。
 
「新しい生活様式」なんて国が言ってるんだから、イベントなんつっても「人は集まるな」ですから、もう集客方法から見直さなきゃならないし。
 
こういうの細かいことはわからんけど、やらんとアカンな。
ほな頼むわ!
 
なんて人はしぶとく残る、絶対。

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ひとり10万円公約で当選!でもあげるわけじゃない。小田原市長の守屋輝彦さん。

  • NASAのフェイク動画・ネズミ編

  • 『猫からの感染が怖いから駆除しろ』という精神的な病

  • 東京都には売れる資産が山ほどある

関連記事

  • 新しい生活様式 報道ステーション

  • アンソニー・ファウチ博士の元部下による真実の告発

  • 学費が高く10万円では足りない?

  • アリゾナのビーチ

    コロナでもアリゾナ州のビーチに繰り出す人々

  • 【暴露】東京よりニューヨークに新型コロナの死者が多い理由をマカフィーの創業者がツイート

  • NO IMAGE

    メラビアンの法則「人は見た目が9割」を知っていますか?