1. TOP
  2. 自然と共存する

自然と共存する

桑野一哉
この記事は約 3 分で読めます。 5 Views

経済を最優先にするか、
自然の摂理を最優先にするか。
 
肉食獣だって、必要以上に命を奪わない。
でも人間は違うんだよね。
お金のためなら平気で命を奪う。
 
これは特別な例でもなく、実は毎回こうなのかも。
金に魂を奪われているから、気づかないだけで。
 
気づけば別のシナリオがはじまる。
そういうことって、よくあるんだけどね。

 

 

トウモロコシを作った木村秋則さん。
タヌキの害に腹を立ててワナをしかけた。
ある日、一匹のタヌキがワナにかかる。

木村さんは、憎たらしいタヌキに向けて棒を振り上げた。
と、そのとき・・・。

別のタヌキが、木村さんの前に飛び出してきた。
木村さんに対して、威嚇するわけでも、怖がるわけでもない。

ワナにかかったタヌキをかばうように、間に割って入ったという感じなのだ。
木村さんは、2匹のタヌキを交互に見た。
ワナにかかったタヌキは、明らかに体が小さい。

子ダヌキのようだ。そして、飛び出してきたのは、どうも母ダヌキ。
母ダヌキは、哀願するような目で、木村さんを見上げている。

とても頭上に上げた棒を振り下ろす気にはなれない。
しかし、このままだとタヌキにトウモロコシを食べられ続けることになる。

数分の葛藤があった。木村さんは、棒を捨てた。
そして、子ダヌキの足を挟んだワナをはずしてあげた。

 

「ワナは、足の先を挟んでいるくらいで、子ダヌキは怪我もしてなかった。
だから、すぐに逃げればいいのに、私の目の前で、母ダヌキが、子ダヌキの足をなめてあげてるのな。

私は、じっとながめているしかないわけよ。
トウモロコシを食べられて間抜けだよな。アハハハ。

しばらくして、2匹は岩木山の方へ戻って行ったよ」
それからどうなったか?

 

なんと、ぴたっとタヌキが姿を現さなくなったのだ。
トウモロコシも取られなくなった。

まるで、タヌキたちが会議を開いて、木村さんのトウモロコシは取らないように決めたように。

よかったよかったということになるのだが、なんだか、木村さんの心の中はすっきりしない。

あいつら腹を空かしているんじゃないだろうか。
岩木山を見るたびに気になって仕方ない。

 

そこで、木村さんは、小さくて安くしか売れなかったり、商品にならないトウモロコシを、畑の隅に積んでおくことにした。

これは、お前たちにあげる分だよという気持ちを込めて。すると、翌朝から、その分だけがきれいになくなっていた 

  

by: さそい水      

『奇跡のりんご』 木村秋則

\ SNSでシェアしよう! /

桑野一哉の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

桑野一哉の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 闘犬文化

  • 学費が高く10万円では足りない?

  • NO IMAGE

    ネットの誹謗中傷

  • ドイツ勝利!コロナワクチン強制摂取法案却下

関連記事

  • NO IMAGE

    コロナ インフル

  • 北海道

    北海道災害対策本部のいいわけが残念すぎる

  • 浅草ロック座

    神田松之丞

  • 飲食店 店員

    「少々おまちください」と言われないコミュニケーション能力。

  • NO IMAGE

    美容整形 コロナ

  • 肥満の原因

    肥満の原因の1つは、遺伝的な幸福感の不足かも